<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
夕張市、JAきたそらち、ホクレン視察研修
         10月26日~27日

 <夕張市> 
 炭鉱の町として栄えた夕張市、昭和35年には最多の人口12万人。現在は人口1万1千人。炭鉱が閉山し、炭坑会社が設置した鉱員向けの住宅や上下水道等のインフラや病院等を市が買収。昭和54年夕張市は「炭鉱から観光へ」とテーマパーク、スキー場等の開設と派手な観光・レクリエーション施設の過大な投資や放漫な経営が赤字を産み、市の財政を圧迫し平成19年3月6日に夕張市は財政破綻(倒産)し、国の管理下に置かれ現在に至っている。平成36年度までに353億円の借金を返さなくてはならない。市街地を除き廃墟化したアパートや住宅は目を覆いたくなる。
対応してくれた議長、副議長さんの再建に向けた熱い思が伝わってきた。
         ●財政再建に重くのしかかる「テーマパーク」
f0019487_21111243.jpg

         ●市庁舎で対応してくれた夕張市議長さんと副議長さん
f0019487_21123647.jpg

<JAきたそらち、ホクレン> 
 昨日は、夕張市で初雪に合い、初雪の中夕張市から宿泊地の旭川市まで、高速道路を慎重にレンターカーで走る。夕張市の農業生産額は27億円、畑800㌶、水田250㌶、農家戸数163戸、農家人口727戸(農業従事者数490人)で、夕張メロンの生産額は26億円(16年度は33億円、作付け面積313㌶)で栽培戸数144戸、作付け面積307㌶と農業生産額の大半を夕張メロンで占めている。
 旭川市から高速道路で深川市のJAきたそらちで午前中研修。また高速道路に乗りホクレンには午後はいる。
         ●JAきたそらち営農センター
f0019487_2134772.jpg

         ●早崎組合長と星野営農部長より説明を受ける
f0019487_21371433.jpg

         ●ホクレンにて(荒島米穀総合課長)
f0019487_21392526.jpg

 米の販売高114億円を誇る道内一のJAきたそらち(深川市)とホクレン(札幌市)を視察し、北海道の米生産と販売戦略を学ぶ。
 平成8年から仕分け(美味い米とまずい米)集荷を開始する。低タンパク(窒素の量)と高整粒の米には価格差をつける。徹底した食味重視の栽培に官・民・研・消が一体となり取組む。北海道の強さは①ほしのゆめ、ななつぼし、ふっくりんこ、おぼろつき、ゆめぴりかと新しい米。②カントリー等の施設力(集荷の90%)③日本一の米づくりを目指すという生産者の強い気持ち。

 「歩む会」の政務調査に参加させてもらい、夕張市の財政破綻の実態をつぶさにみた。千歳空港から1時間で夕張市に、庁舎で説明を聞くまでにお昼を挟んで3時間市内を車で走る。行き交う人は高齢者の人ばかり。
廃墟化同然のアパート(人が住んでいる……)には、カメラを向けられなかった。
 財政破綻は、国や道にも責任はあるのだが……それを言ってもはじまらない。市長の暴走を、何故議会が止められなかったのか!その責任は市長と同じく重い。
 夕張市では、診療所の建て替えが認められ約15億円をかけて建設をするという。この医師不足の中で、村上先生(湯沢町にいられた先生)からは、交代してもらいたいというのが議会だとの説明にびっくりする。夕張市にはベットがあるのはここだけで、村上先生は初診の救急は、受け入れてくれないからというのがその理由のようだ。市民の賛成反対は5分5分という。
 農業立国「北海道」の強さを改めて感じる。米といえども、組合長さんの意気込みから農家の生産意欲がひしひしと伝わってきた。何よりも生産された米は90%がカントリーの施設に保管される。北海道のカントリーは乾燥調整と保管の役割だけでなく、食料製品調整施設だ。消費者に同一な米を、そして消費者ニーズにあった米を作り一年中届けられる施設が完備されている。この事は産地として強い。新潟県の施設化率は50%も行っていないと思うが……。
 「歩む会」のみなさんありがとうございました。     
 
 
[PR]
by 2nezou | 2010-10-27 20:59 | 議員活動 | Comments(0)
総務文教委員会 行政視察
         10月19日(火)~21日(木)

19日PM(千曲市、人口62,168人)     
      ・まちづくり基本条例について
      ・スポーツ振興基本計画について
      ・現地~図書館、サッカー場、屋内体育館
     ●庁舎から移動しスポーツ振興基本計画の説明を受ける
f0019487_1520275.jpg

     ●サッカー場、霧がでる施設で今年の猛暑では威力発揮
f0019487_15205676.jpg

20日AM(伊那市、人口72,112人)      
      ・協働基本方針(うるおいの郷づくりふれあい事業)
      ・債権徴収マネジメント
      ・ふるさと大使
      ・現地~屋内体育館、公認グランド、野球場
     ●控え室で議長さんの歓迎を受ける
f0019487_15223599.jpg

     ●庁舎前で集合写真
f0019487_1522553.jpg

     ●公認2種グランド
f0019487_15231481.jpg

   PM(駒ヶ根市、人口34,016人)     
      ・協働のまちづくり条例
      ・まちづくり市民会議(100人委員会)
      ・市民活動支援センター「ぱとな」
      ・現地~武道館、野球場、図書館、ぱとな
     ●協働のまちづくり市民会議の説明を受ける
f0019487_15284524.jpg

     ●武道館
f0019487_15301288.jpg

     ●野球場
f0019487_15303667.jpg

21日AM(岡谷市、人口52,754人)      
      ・市民総参加のまちづくり基本条例
      ・公共施設のあり方検討市民会議
      ・現地~屋内体育館2、プール、図書館
     ●諏訪湖を望む庁舎は議場の他に全員協議会室も完備、庁舎前で集合写真
f0019487_15331526.jpg

     ●体育館、弓道場、室内トレーニング、プールと完備された施設
f0019487_1538616.jpg

     ●図書館
f0019487_15384282.jpg

f0019487_15364754.jpg

●市民参加のまちづくり 
 市民参加のまちづくりは、当市でもいろいろな場面(地域づくり協議会等)で動き出しておるが、より市民が「まちづくり」に参加するためにも「条例」はある方が良いと思った。
 「まちづくり基本条例」等は、作ることは簡単だが、市民が主体的に作ることでなければ、余り意味が無いように感じた。委員長としての任期中に方向付けをしたいと思った。

●野球場 
 駒ヶ根市と岡谷市はスタンド付きの野球場あり。岡谷市は公共施設のあり方検討会で、必要な施設と評価している。伊那市は県営野球場の隣に市でスタンド付きの野球場を設置している。千曲市はスタンド付きの野球場を建設を検討しているという。
 この3日間、野球場だけでなく、体育館、武道場、プール、グランド等全ての施設で、南魚沼市は貧しく、いままで何をしてきたんだろうかと言わざるを得ない。
 そして、全ての施設(野球場、体育館、グランド、プール)で観客席が設置されていた。

●図書館 
 千曲市、駒ヶ根市、岡谷市と現地を調査してきたが、当市の図書館は図書館と呼ばれないと思った。
 毎年の図書予算・当市は400万円と思ったが、最低でも1200万円の図書予算でないと図書館運営は出来ないと言われ、スポーツ施設と合わせ「貧市」と言われても仕方ない。

●未収金対策、ふるさと大使、公共施設のあり方検討市民会議
 ・伊那市では、平成17年に17億円にふくれあがった未収金を12億5千万円に減少させた。そのノウハウについて説明を受ける。
 今、税収の増など望めなく、税金の滞納や水道料等の徴収が滞り、財政上や市民の公平の点からも大きな問題になっておる。伊那市の手法を学ぶべきと思った。
 ・ふるさと大使制度も勉強になった。
 ・公共施設のあり方検討市民会議もまちづくりに欠かせない手法だ。研究する価値あり。
[PR]
by 2nezou | 2010-10-19 14:34 | Comments(1)
秋季消防演習
          10月17日(日)12:30~16:30

 市消防団大和方面隊660名のうち、473名の団員出席の中、浦佐小学校のグラウンドで開催される。
 団員は午後の本番に合わせ、午前から訓練をしていた。
 
 観閲者は市長の代理小原副市長、点検者は富井団長、総指揮者は清塚方面隊長。来賓に警察署長、議員、大区長、浦佐小学校長。私は総務文教委員長と言うことで最後にバンザイ三唱をする。

           ●12時30分団員集合、観閲者小原副市長に敬礼
f0019487_7133751.jpg

           ●小型ポンプ操作訓練、今年から放水を行なう
f0019487_714079.jpg

           ●全車両から放水訓練
f0019487_7143134.jpg

[PR]
by 2nezou | 2010-10-17 06:35 | Comments(0)
長島代議士国会報告会
          10月17日(日)10:30~11:30

 大杉山ふるさと農園で、長島代議士の国政報告会が開催される。急な案内にもかかわらず大勢の方が参集する。
 進行役の松原議員は、はっきりと5区で自民党から衆議院にでる。田中家との戦いになると紹介したら、代議士は「田中家ではなく、田中まき子代議士との戦いだ」と。私は今でも、故郷のために尽くした田中角栄先生を師と仰いでいるからです。田中角栄先生がおられたから今の私があるとも話されました。
 
 ねじれ国会で、12月に予算編成が出来るのだろうか!!それに、対中国問題、小沢問題等で「切れ菅」になれば、一気に政局は解散になってもおかしくない状態だ………。
 代議士は現在、国会対策副委員長をされており忙しい毎日を送っている。予算委員会の質問の内容のチェックや質問者の選考などもするのだそうです。
 我が党の質問も「重箱の隅」を突っつく様な質問があったりして、よろしくないなと思うこともあるそうです。
 そんな質問ばかりしていれば、昔の野党時代の民主党と同じだ。我が党は不正は許さないが、堂々と代替え案をぶっつけて正面から突破することが大事なんだと話す。
 私もテレビで、予算委員会を見ていると、昔の野党の質問と同じでないかと思うこともしばしばある。
 
 話しの中で、新潟港の国際化を力説していた。現在は東京と神戸港を考えているようだが、中国、韓国、ロシアとの貿易を考えたときに、太平洋側では無く、日本海側にそれも新潟に絶対必要だと。
 そうなれば、今よりもそれに関連して人が動く。当然新幹線や飛行機の利用が今より盛んになる。
 そのことにより、新潟県、地域が活性化する。

 民主党政権は都会を重視する政策のようだし、2014年問題等があり、新潟港の国際化はぜひ実現しなければと思った。ぜひ超党派で運動してもらいたい。

 国政報告会が終り、大杉山の「手打ちソバ」に舌づつみする。
[PR]
by 2nezou | 2010-10-17 05:51 | 議員活動 | Comments(0)