<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
会派代表者会議
       4月27日(水)13:30~15:00

 協議事項
 (1)東日本大震災対応について
    4/27現在257名の避難者が滞在している。ほとんどが福島県。
    市避難所に5名、旅館等に146名、親戚等に44名、江戸川荘に62名。
    他に1700名ほど受け入れ可能であるが、このくらいの数字で推移する。
    小学生23名、中学生2名が市内の学校に転入。
    社会福祉協議会にボランテア登録をし、支援活動を行うと申し合わせる。
 (2)議会運営について
    会派離脱者の件~次回の会議で方向をまとめたい
    常任委員会について
    一般会計について深く検討するために委員会負託について検討
 (3)その他
    選挙費用公費負担、国旗の議場掲揚、レターケースの扱い等会派で検討する
    議員表彰、事務局職員人事について報告あり
[PR]
by 2nezou | 2011-04-27 15:33 | 議員活動 | Comments(0)
総務文教委員会
       4月25日(月)9:30~17:00

 新年度に入り初めての委員会を開催する。執行部は人事異動により職員が変わっており、それぞれ自己紹介をお願いする。
 調査事件は(1)塩沢給食センター
      (2)子ども・若者育成支援センターについて
      (3)市文化スポーツ振興公社について
      (4)その他
         ・塩沢中学校の学校経営について
 4調査とも現地調査を行い事務調査に入る。
 ・塩沢中学の学校経営の改善についてスライドで紹介される。一昨年は全校集会で整理整頓するのに教職員が大声を出していたが、昨年の4月ごろから変化が見られ、5月には生徒自身で整列し、6月には部活の大会で優勝旗でいっぱいになる。生徒指導上の課題が徐々に解決していくと、家庭学習の時間も増えて、荒れていた時は、学力はすべての学科で平均点以下であったが、昨年はすべての学科で平均点をうわまったと・・・・。
 ・塩沢中学校に併設されている給食センターで栄養士から話を聞き生徒と同じ給食をとる。
 ・今年の4月から、青少年育成センター、教育支援センター、家庭教育部支援の三部門を一つにし、子どもから若者(30代)まで切れ目のない支援体制を築くため、新しい課(センター)「こども若者育成支援センター」を設置する。二日町のセンターに行き現地調査も行う。学校現場との連携が不可欠と感じる。スタートしたばかりで、これから多くの難題が発生すると思うし、これだけの人員で果たして機能するのか様子を見たい。
 ・文化スポーツ振興公社は市より指定管理で21施設の管理運営を行っており、23年度の事業計画および収支予算について調査を行う。現地で再度資料の提出をいただき調査を行う。時間等の関係もあり再度調査を行うこととする。

          ●塩沢中学校校長先生、教頭先生より話しいただく
f0019487_15273135.jpg

          ●塩沢給食センターにて
f0019487_15291950.jpg
f0019487_15293499.jpg

          ●文化スポーツ振興公社・今泉博物館収納庫について
f0019487_1531059.jpg

 
[PR]
by 2nezou | 2011-04-25 12:02 | 議員活動 | Comments(0)
春季消防演習    上田史談会総会
        4月24日(日)

<春季消防演習>8:00~11:30
私は祝辞で、「東日本大震災で被災者の方は、行政からの連絡が無く、どうしたら良いか戸惑う中で、いち早く声をかけ指示してくれたのが消防団のみなさんでしたと。消防団の皆さんに勇気づけられましたと・・・・・・」

 8時開会式が始まる。・分団長入場、分団旗入場、点検者入場、国旗掲揚とそのたびに、総指揮による号令でラッパに合わせ敬礼する。
 ・点検(小隊、機械器具)、・訓練(規律、ポンプ操法)、・分列行進と天気に望まれ良い訓練ができた。

 この緊張した顔、機敏な動作、号令ひとつで集合し行動をする。
 皆さんの訓練を拝見し、改めて私たち市民が安心して住めるのも消防団のおかげだと思った。ますます日々訓練に精進し、市民の安全のために活躍されることをお願いする。

       ●機械器具点検
f0019487_7291723.jpg
f0019487_7293058.jpg

       ●放水訓練
f0019487_7303432.jpg
f0019487_7305472.jpg

<上田史談会総会>16:00~19:00
 議長が公務のために代理で総務文教委員長として出席する。総会前の創立30周年記念講演は聴くことができませんでしたが、創立30年の節目の総会、懇親会に参加できて議長には申し訳ないが良かった。
 史談会の活動が「南魚沼市のまちづくりの土台となり、エネルギーになっている」と思った。
 直江兼続公に寄せる史談会の強い思いが、NHK大河ドラマ「天地人」の放映につながり、今またさらに直江兼続公の真実に迫り、兼続公を世に伝えていこうとしている姿活動に敬服すると同時に、「浦佐毘沙門様千年のまちづくり」と「魚沼基幹病院を核としたまちづくり」に思いをはせた・・。

       ●総会前の「記念講演石田明夫先生」終わりに間に会う
f0019487_7493026.jpg

       ●懇親会「雲同俺住職様」挨拶
f0019487_750445.jpg

       ●史談会員による居合「剣舞」
f0019487_7515034.jpg

[PR]
by 2nezou | 2011-04-24 07:01 | 議員活動 | Comments(0)
大和商工会浦佐支部通常総会
       4月19日(火)18:30~21:00

 浦佐やなを会場に商工会浦佐支部の通常総会が開催される。
 支部としての事業は大きくは二つで、一つは各祭りや行事(菊まつり、マラソン大会、押合大祭、運動会、盆踊り等々)に対しての支援や協力、もう一つは支部独自(夏祭りの花火大会、年末年始の売り出し抽選会)の事業。
 ここ数年六日町、小出に量販店やスーパーの大型店の進出が続き、既存の街中の商店は、昔の賑わいは消え失せてしまった。
 浦佐には、毘沙門様、新幹線駅、国際大学、北里学園、八海山・西山と言う自然。それに、基幹病院の建設。将来は魚沼市と南魚沼市も合併する。そうなれば、浦佐が中心になります。
 そのためにも、歴史・自然・文化を大切にした街づくりが重要ですので、そういう方向で商工会も活動することを望みます。
 何よりも基幹病の周辺の土地利用計画を市と地元で早急に作らなければなりません。業者による土地の乱開発だけは許してはなりません。商工会に期待するところが大きいです。
[PR]
by 2nezou | 2011-04-19 19:46 | 議員活動 | Comments(0)
大和地域行政区長会
       4月18日(月)14:00~16:00

 区長さんは、行政の文書配布等市役所の出先機関的な役割と、区民の要望等の取りまとめや地域のお祭り、会合等に出席する機会が多いですが、一年間よろしくお願いいたします。
 大和地域は62の行政区、六日町は99、塩沢は72で、南魚沼市は233の行政区。
 区長さんがおられて行政の仕事が円滑に回るのですが、今日は一方的に話を聞くばかりで、大変だと私に話しした区長さんがおられましたが、今日の話は全部忘れても区長さんの仕事は十分勤まりますのでと安心してくださいと話しました・・・・。
 執行部からの連絡やお願い事項で、専門的なことや細かい具体的な話は、今日はできるだけ避けた方が良いと思った。

 ほぼ全員の区長さんが出席の中で、市長以下副市長、教育長、各部長と全員が出席し、市からのお願いと連絡を行う。そして、警察署、消防団、福祉・教育関係団体も出席し、それぞれ挨拶と連絡・お願いを行う。

          ●井口市長の挨拶
f0019487_19223383.jpg

<浦佐地域区長会との懇談会>17:30~19:30
  私と佐藤議員が招かれ、田中屋さんにて顔合わせ会を行う。
 浦佐は今年度基幹病院の着工と27年開院に向けていよいよスタートした。区長さんの果たす役割は今までにも増して任が重くなります。皆さんと力を合わせて、浦佐の町を更なる住みよいまちに発展させましょうと盛り上がる。
[PR]
by 2nezou | 2011-04-18 18:40 | 地域情報 | Comments(0)
地域医療魚沼学校開校式
       4月16日(土)14:00~16:00

小出郷文化会館において「地域医療魚沼学校」が開校する。
 一口に言うと、27年に開院する魚沼基幹病院のことを住民から知ってもらうために開いた。本校は県立小出病院内におあり、6市町村にそれぞれの塾がある。
 現在、魚沼基幹病院建設に伴い、いろいろなうわさや風評が飛び交っており、そのためにもこの「地域医療魚沼学校」の果たす役割は重要だ。
布施学校長(県立小出病院長)が開校の挨拶と事業説明を行い、来賓の4方が挨拶する。高橋新大医学部長、渡辺県医師会長、高橋JAIPE理事長、大平魚沼市長と・・・・・。
 基調講演は「みんなで守り育てよう地域医療」と題して、自治医科大学の梶井先生の講演。
 次いでパネルデスカッション「地域医療を守るためにできること」
  5人のパネラーが報告をする。
  南魚沼市からは、黒岩先生と山崎保健師。

      ●布施学校長の事業説明
f0019487_11231033.jpg

      ●梶井先生の基調講演「みんなで守り育てよう地域医療」
f0019487_11242052.jpg

      ●「地域医療を守るためにできること」パネルデスカッション
f0019487_11254222.jpg

f0019487_11261454.jpg


 健康・医療・福祉は地域にとって不可欠であり、安心して住むためにも住民が一番期待している。 そうであるので、生徒は誰なんだろうか。生徒がしっかり学び学んだことを地域や家族に教えなくては、絵に描いた餅になる。今回の開校式も関係者が大部分と思う。これでは、学校設立の趣旨が泣いてくる。
 各それぞれの塾で勉強することになると思うが、南魚沼市の塾のカリキュラムは生徒募集はどうするのかそれが見えていないが・・・・・。
 魚沼基幹病院の機能を十分に発揮するためにも、3病院と開業医の役割が市民に十分理解されることが重要です。そのために、この「地域医療魚沼学校」の果たす役割は大切だ。そのことを考えたときに、学校の生徒には、一番に各行政区長さん方からなってもらうことが重要と思うがいかがですか。   

[PR]
by 2nezou | 2011-04-16 10:29 | 地域情報 | Comments(0)
新生五十沢小学校開校式
        4月8日(金)9:30~

 来賓に、中越教育事務所長の谷様、校章作者の西潟様、校歌作詞者の長橋様、校歌作曲者の坂上様、校歌伴奏譜作者の池田様と開校式でならではの皆さんが見守る中、遠山教育長の開式の言葉で開校式が始まる。
 学区民の皆様におかれましては、長い年月統合について喧々諤々議論し、今日の日は、また格別の思いで迎えたことと思います。
 新生五十沢小学校は、中学校の敷地内に建てられ中学校と廊下で繋がっており、小中連携で教育効果を発揮しようと、当市では初の試みで多いに期待している・・・・!

 厳粛の中で開催された開校式が終わり、10時から、第1回入学式が執り行われる。
 男子17名、女子11名の新入生が入場する。この新生五十沢小学校に新しい息吹や伝統を作るのは、在校生はもちろんだが、28名の新1年生だ。

            ●開校式で挨拶する井口南魚沼市長
f0019487_5542914.jpg

            ●校旗授与(市長より種村校長先生に)
f0019487_5543818.jpg

            ●入学式で校長先生が新入生に挨拶(語りかけている)
f0019487_5544835.jpg

[PR]
by 2nezou | 2011-04-08 05:27 | 地域情報 | Comments(0)
浦佐小学校入学式   大和中学校入学式
        4月7日(木)

<浦佐小学校入学式>10:00~10:40
 1年生38名が6年生に手を引かれ元気に入場する様を見て、そっと目頭を押さえるお母さん。手を振って合図を送るお母さん。カメラ、ビデオを構えるお父さん。わが子の成長と晴れ姿を改めて見て何を感じたでしょうか。
 大震災に遭遇し、入学式もできない被災地のことを思うと言葉を失います。一日でも早い学校の復興が待たれます。今日入学した1年生は、いつかこの大震災のことを知り学び、地域のためになる大人に成長してもらえたいと思った。

           ●ぴかぴかの一年生です。
f0019487_645611.jpg

<大和中学校入学式>13:30~14:00 
 新入生は男子63名、女子60名、計123名の4クラス。全校で399名という。
 期待と不安で中学生活に入ったと思います。この3年間は将来の基礎づくりですので、十分な学力と体力をつけてもらいたいと思う。特に学習に時間を費やしてもらいたい。
 先月の卒業式では、呼名されて返事が聞こえない生徒が多くがっかりしたが、今回は2名だけ呼名されたときに返事がなかったようだが、他はすごくいい返事だった。3年間で何で返事ができない生徒になってしまうのだろうかと考えてしまった・・・・・?
           ●先生紹介です。
f0019487_6571197.jpg

 
[PR]
by 2nezou | 2011-04-07 06:30 | 地域情報 | Comments(0)
国際情報高校第20回入学式
       4月6日(水)13:00~14:00

 国際情報高校が平成4年に開校して今年で20年になる。本当に早いものだ・・・・・。
 上越沿線上で唯一全日制高校が無かったのは大和町だけで、全町民が会員になる「高校誘致推進期成同盟会」が組織され十数年。運動が実り、時の金子県知事の英断で念願の高校「国際情報高校」が誘致できた。その時代、少子化が始まり予測されていたので、町民は皆が喜んだものだ。ところが、その高校は、普通課、職業課(工業、商業等)高校でなく、その他高校と言うことで、全県下からの入学ができる高校で、地元では大変戸惑ったことを覚えている。
 当時、新潟県は全国で大学進学率が、最下位か最下位から2番目に位置しているという状態であったので、金子知事としてはそれらを打開するための高校であったのだったのだろう・・・・!

 そういう全町民期待の中での高校なので、とりわけ地域としては、県立と言えども思い入れは深いものがある。うちのおやじなどは、土地の確保に動いたものだと酒が入ると思い出したように話すことがある。初代のPTA会長として3年間務めさていただいたのが縁で、国際情報高校(教職員、保護者)から私自身学びさせていただき今日があると思う。
 今年は創立20周年記念事業式典が10月15日(土)に予定されておる。あっと言う間の20年間であった。

           ●第20期生入学式
f0019487_6291382.jpg

[PR]
by 2nezou | 2011-04-06 05:57 | Comments(0)
浦佐認定こども園開園式
        4月4日(月)

●開園式9:15~10:00
 ①開式
 ②市長挨拶
 ③浦佐認定こども園鍵授与
 ④来賓あいさつ  若井議長 関浦佐大区長
 ⑤指定管理者代表挨拶 
 ⑥記念品授与
 ⑦認定こども園完成への道
 ⑧閉式

 定員180名(0~2歳児45名、3~5歳児各45名)
 他に・子育て支援、・一時預かり保育、・病後児保育、・障がい児保育、・学童保育(30~50名)
●入園式10:00~10:30
 引き続いて入園式が行われる。

 このこども園は、すべて市内産の杉の木2000本を使用しており、県下にも例を見ない立派な施設だ。施設に負けない教育、保育をしてくれるものと確信している。  
[PR]
by 2nezou | 2011-04-04 05:21 | 地域情報 | Comments(0)