<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
浦佐地区市政懇談会
       5月27日(金)19:30~21:00

 市政懇談会は、市長に直接質問や意見をし、その場で市長から回答を得られるのであるから、多くの人から来てもらいたい。いつも何人来てくれるかのかなと思う。
 今年も40人くらい参集いただき多くの質問がでる。
 今年のメインテーマは「こども若者育成支援センター」で採用2年目の若手職員が説明する。
 その後に市長が15分くらい市政全般について話した後懇談に入る。
<市長の話>
 ・東日本大震災対応~計画停電にならないように15%ピークカットへの協力
 ・市の台所事情~財政健全化 
 ・基幹病院とやまと病院~周辺のまちづくり
 ・子育て支援~子ども手当に13億円予算もってある
 ・米作り~生産調整対応

<主な質問と回答>
 ●17号浦佐バイバス用地、平成6年に用地買収したがいつ開通するのか。
  ~昨年2億円、今年4億円予算がつく。水無川と工業団地まで供用開始になるが、
   浦佐側はいつになるか見通しがたっていない。
 ●まちづくり・景観について協議した。それに基づいた指導を。
  ~景観については配慮する。土地利用についても計画的に進める。
 ●KCK跡地、市から買い上げをしてもらいたい。
  ~市は買い上げできない。地元でこのように利用したいとあれば協力はする。
 ●福祉部が本庁舎に行く。大和庁舎の活用については。
  ~基幹病院の関係で県が一部利用する。(東大と新大が入る)企業に当たっている。
   市民の利用も考える。
 ●新設やまと病院の診療科は現在より少なるが。
  ~その分は、基幹病院で対応していただく。 
 ●基幹病院、資材や物品等の納入は地元業者を。
  ~その方向で基幹病院にはお願いする。 
 ●池田美術館から病院までの道路わきの花壇、草で「さるすべり」の花が咲かない。
  ~確認をして対応する。
 ●スキー場下の空き家、壊れ危険。市で対応できないか。
  ~法律があり歯がゆい状態だ。全国市長会で「権限を市」にと言う要望をあげる。
 ●山が荒れており、災害の予防等の見地からも山の対策は。
  ~市産材での家づくりに助成、燃料としてのペレットの利用の呼びかけ。
  ~山に作業道を切る等・・・・長いスパン考えたい。
 ●虐待、不登校、いじめ等に対しての対応は
  ~一人ひとり複雑で丁寧に相談を行っている。
 ●新幹線開業時、只見線乗り入れを考慮していたが。
  ~県と魚沼市と只見町とJRに要望しているが乗降客が少ない、工事に3億円かかる。
   粘り強く運動つづける。
 ●旧五箇保育所が撤去される。選挙当はどこで行うか。
  ~地元と協議して撤去と言う方向になった。選挙は集会場を借りるようになる。

           ●会場の「お国じまん会館」に大勢のみなさんが来る。
f0019487_115913100.jpg

           ●司会は遠山教育長、挨拶回答する井口市長、小原副市長も隣に
f0019487_11593095.jpg

 病院、まちづくり等々多くの質問がでてよかった。野球場建設の問題が出れば市長から話が聞けたのにと思ったが・・・・。

 

 
[PR]
by 2nezou | 2011-05-27 10:48 | 議員活動 | Comments(0)
議会全員協議会
        5月26日(木)9:30~12:00

 国民健康保険税については、今年度は大幅にあげなければならないと、昨年の議会でも議論してきており、法定外繰入を1億円行い、上げ幅を5%程度に収まればと思っていた。
 したがって、5月26日は臨時議会を開催し、国保税条例の一部改正の予定であったが、「国保税率を据え置くこととした」ことから臨時議会の必要がなくなり中止となる。しかし、執行部が今まで説明してきたことと変更が生じたので、説明のために今回の全員協議会となる。

 6人の議員から厳しい質問がでる。
  ・全員が据え置いたことは良としている。
  ・国保の運営協議会委員の議員からは、執行部の見通しが甘いのではと
   厳しい意見が相次ぐ。
  ・国保は県下でも高いし値下げを。
  ・中期的な見通しを立てられないか。

 値上げしなく、据え置きになった主な理由は
   ①前期高齢者交付金が予定より多くきた。
   ②医療費が思ったほどかからなかった。
     (インフルエンザが猛威をふるうと言われていた・・・)
 市長は、国保会計の予想は難しいが中期的な試算を行ってみると話す。
[PR]
by 2nezou | 2011-05-26 10:16 | 議員活動 | Comments(0)
本町商店会総会出席
        5月23日(月)19:00~21:30

 田中屋さんにて、本町商店会の総会に佐藤議員ともども招かれる。
 市街地の商店街は、全国どこでもシャッター通りや閉店が相次ぎ、欠けた櫛状のようになっている。
 まちの活性化を図らなくてはと平成10年の「秘仏毘沙門様」のご開帳(住職一代に一回、67年ぶり)を契機に「まち興し」の機運が上がり、4、5年前から動きが活発になる。
 平成27年の基幹病院開院に合わせ、商店会も新たな考えや視点で取り込もうと盛り上がる。
[PR]
by 2nezou | 2011-05-23 08:42 | Comments(0)
第59回自由民主党新潟県支部連合会大会
       5月21日(土)13:00~14:30

 民主党は、仙石官房長官、柳田法務大臣、前原外務大臣、馬淵国交大臣と主要閣僚が力量不足からくる失態で相次ぎ失脚する。また、小沢元代表の政治資金問題や鳩山元総理の巨額子ども手当と脱税問題、さらには管総理までが外国人から違法献金を受けていた等々で、3月11日の大震災が無ければ衆議院は解散し、今頃は選挙モードになっており、自民党が政権に返り咲いていた。

 昨年の参議院選挙では、本県の中原八一候補が40万票を超え、比例区では水落俊栄候補が当選し目的を達した。全国的にも自民党が圧勝し、参議院においては自民党が第一党になり今日に及んでいる。先の地方統一選挙においても民主党は惨敗だ。

 そういう情勢の中で開催された県の党大会で、本来ならば盛り上がるところだが、大震災のために今一つ意気が上がらなかったように思えた。
 大和からは7名参加する。新潟から帰ってき、大会に行けなかった3人を加えて、県連表彰を受けた和田さんのお祝いを兼ねて浦佐で反省会を行う。

         ●星野県連会長挨拶
f0019487_8285035.jpg

         ●谷垣自民党総裁、情勢報告も交え挨拶する
f0019487_8303833.jpg

 自民党総裁が来たわりには、会場の盛り上りに欠け、緊張感もなかった。大震災のせいばかりでなく、民主党の支持率は落ちているが、自民党も上がっているわけではないので・・・・。そして、やはり県連の会長は国会議員がするべきだ。

 谷垣総裁の話を聞き、震災復興は与党野党問わず対応してもらいたいが、管総理の震災復旧復興対応はもどかしく、とりわけ福島第一原発対応はどうなっているのだろうか心配で任しておけないのではないかと思った。 
[PR]
by 2nezou | 2011-05-21 07:06 | 地域情報 | Comments(0)
野球場建設(大原運動公園整備計画)説明会
       5月20日(金)19:30~21:30

 会場に10分前くらいに到着したが席は半分くらいしか埋まっておらず、開会時点でも席の7割約100人くらいの出席。終了の予定時間(21時)を大幅にオーバーしての丁寧な説明であった。

<9人の方が質問に立つ。質問の要旨は>
 ・既存の改善改修でいい。建設費は東北の震災に。 ・福祉の施策水準が低い。 
 ・合併特例債があるから作るのか。        ・他の施設でなく野球場にした目的は。
 ・財政は本当に健全化。             ・子どもの夢は多様。
 ・反対の署名の重みについて。        ・検討委員会は野球場建設ありきであった。
 ・子どもに借金を残していいのか。        ・建設後の補修費は試算より多額だ。

 市長は、①野球場建設や図書館を整備しても財政は健全化の方向に進んでいる。②そのことで市民サービスの低下や福祉が後退することはないと断言する。会場に参加したみなさんは、野球場建設について理解が深まりおおむね納得したように感じた。反対の皆さんは平行線のようだった。

 議員には「野球場建設中止を求める市民の会」会長 上村春三氏の名前で、野球所建設につてのアンケート調査が来る。私は議場でも、後援会の会合や、会報にも①財政が悪化するようであれば建設には反対する。②そのことで市民サービスや教育、福祉が後退するようであれば建設には反対すると言ってきておる。当市はスポーツ施設や図書館は充実しておらず、順次整備していくことが大切と思っている。そして、観光客が激減している中で、大原運動公園を充実し、今泉博物館観光交流拠点との相乗効果で宿泊客や交流人口が増加し、地域の活性化を期待している。
 ハードの建設(野球場)でサービスの低下、福祉の停滞や弱者の切り捨てだと言わんばかりの皆さんも地域の活性化(市民が元気をだし、夢をもつように)のために今、何が必要か共に汗しましょう。
[PR]
by 2nezou | 2011-05-20 07:08 | 地域情報 | Comments(0)
国道17号浦佐バイバス整備促進期成同盟会総会  かわまちづくり勉強会
       5月17日(火)

<国道17号浦佐バイバス整備促進期成同盟会総会>10:00~12:00

 会長の大平魚沼市長のあいさつの後、斉藤県議、若月県議、皆川県議からそれぞれ挨拶いただく。
 総会は22年度事業報告と23年度事業計画で、予算も両市から各5万円の負担金をいただいている会計で、質問も無く20分くらいで終了する。
 今日のメーンは、国土交通省長岡国道事務所からの事業説明だ。
 所長さんのあいさつの後担当課長より説明を受ける。
 当初予算で4億円予算が付き、24年度には一部供用ができることになるようだ。

         ●国交省からの事業説明会
f0019487_1648511.jpg

<かわまちづくり計画策定等勉強会>15:00~17:00 
 多聞橋から浦佐大橋の間約500メートルくらいのところを河川公園にできないかと、2年前に勉強会を立ち上げて今日で2回目の会議。
  ・六日町の魚野川プロジェクトの例
  ・多聞橋架け替えの時に花壇等を作ったがその後の管理がなされない等々
  ・水無川との桜堤構想 
  ・川の駅構想
  ・河川の草刈りをする。川原町で
  ・KCK跡地に船着き場があった。
 今後はワークショップの手法を用いて検討することとする。
[PR]
by 2nezou | 2011-05-17 16:25 | 地域情報 | Comments(0)
地方自治創造学会研究大会に出席
      5月12日(木)、13日(金)

 学会と言うと研究者の集まりで、「農学栄えて農業滅ぶ、経済学栄えて経済縮小、政治学栄えて政治滅ぶ」の例えにあるように、本末転倒になってはならない。本学会は研究者の集まりではなく、地方の現場で汗している皆さんの研究の場だという、保坂邦夫氏の呼びかけに感動し、昨年の学会設立に入会した。年会費は2,000円。今年は2回目の研究大会だ。昨年に続いての参加。今回の参加者は300人くらいで9割以上が市町村議員。
 保坂氏は、志木市職員から31歳で志木市議員(4期)に、44歳(5期)で県議会議員に、60歳で志木市長と要職を歴任し、行政改革や議会改革を行う。平成17年にNPO法人 地方自立政策研究所理事長に、昨年4月に、財団法人 日本自治創造学会理事長に就任。

<1日目>10:00~17:30
 ●会長講演「新たな時代の地域主権、議会政治」
       佐々木信夫(日本自治創造学会会長、中央大学教授)
f0019487_772477.jpg

 ●講演2「日本経済はどうなる、地域はどうする」
       伊藤達也(元金融担当大臣、関西大学教授)
 ●講演3「日本の政治の現状と課題」~国と地方の視点から~
       小林良彰(慶應義塾大学教授)
 ●講演4「庶民革命~名古屋名物 ”民主主義”」
       河村たかし(名古屋市長)
f0019487_8293027.jpg

 ●パネルデスカッション 「自治体を変える~大震災にどう立ち向かうか~」
       コーデネーター 佐々木信夫(本会会長)
       パネラー 野中尚人(学習院大学教授)
       パネラー 林文子(横浜市長)
       パネラー 河村たかし(名古屋市長)
       パネラー 坪井ゆづる(朝日新聞編集委員、ジャーナリスト)
f0019487_8342711.jpg

f0019487_83447100.jpg

 ●夜は子どもと田町の居酒屋で合流する。大五郎宅に泊まる。
f0019487_8371271.jpg

<2日目>9:30~16:30
 ●分科会 「第1分科会 ”議会改革最前線”
   ・コーデネーター 金井利之(東京大学教授)
   ・住民が期待する地方議会を創る~二元代表制に応える~
        廣瀬和彦(全国市議会議長会法制参事、明治大学大学院講師)
   ・新たな自治制度の声が聞こえる~揺れる二元代表制~
        後 房雄(名古屋大学教授)
 ●全体会 ”分科会合同討論会”
   ・コーデネーター 永久寿夫(PHP研究所代表取締役常務)
   ・第1分科会報告「議会改革最前線」 金井利之(東京大学教授)
   ・第2分科会報告「まちづくり最前線」荒田英知(PHP総研主席研究員)
   ・第3文化会報告「政策法務最前線」牛山久仁彦(明治大学教授)
 ●講演5「事業仕訳と財政再建の方途」
       土居丈朗(慶應義塾大学教授)
 ●講演6「今こそ地方自治の力を~東日本大震災を踏まえて~」
       増田博也(元岩手県知事、元総務大臣、野村総研顧問)
f0019487_8573035.jpg

 ●パネルデスカッション 「地方議会をどう変えるか~復興の鍵は分権改革と議会改革」
     ・コーデネーター 保坂郁夫(前志木市市長、本会理事長)
     ・パネラー 上田清治(埼玉県知事)
     ・パネラー 谷 隆徳(ジャーナリスト、日経新聞編集委員)
     ・パネラー 後 房雄(名古屋大学教授)
f0019487_924672.jpg
f0019487_925743.jpg

 充実した2日間であった。
 特に本会会長の佐々木先生、河村たかし名古屋市長、増田元総務大臣、廣瀬氏、林文子横浜市長、名古屋大学教授の後先生の話は印象に残っている。
河村市長の住民投票で議会解散に追い込んだやり方について、増田元総務大臣は批判的であったし、横浜市長と名古屋市長の議会に対する考えは180度違う。そして、名古屋大学教授の後先生は、河村市長のマニフェスト作成に関わりブレーンであったが、今は離脱したという。
 国の政治は、議会内閣制一元代表制で、地方の政治は二元代表制になっており、二元代表制である首長の存在は誰もが認めるところだが、議会が十分機能していないことは事実だ。そういうことから、議員の定数が多い、報酬が高すぎるとかの声や議会無用論まで声が出る始末だ・・・・。
 二元代表制、一元代表制等々選択制でもいいのではないかと後先生は話す。
 
 本研究大会に参加し、改めて南魚沼市議会を見たときに考えさせられることが一杯ある。議会は古き慣習から脱皮しなくてはならない。脱皮することがスタートだ。

        ●大会終了後、荒川区県人会南雲社長さんに会いに行きびっくりする。
f0019487_1335318.jpg
 

  
[PR]
by 2nezou | 2011-05-13 06:12 | 議員活動 | Comments(0)
JA魚沼みなみ大和地区総代懇談会
       5月11日(水)19:30~21:00

 総代懇談会がJA営農センターにて開催される。
 戸田代表理事組合長の挨拶で開会する。28日に第11回通常総代会が予定されており、総代会がスムーズに円滑にすすむための今日の懇談会でもある。
 今日の主たる懇談は「葬祭センター建設に伴う、固定資産の取得」についてである。
 南雲常務より、第5次中期経営計画と固定資産の取得(葬祭センター)についての説明があり懇談に入る。
 22年度の成果も当期剰余金で計画138百万円のところ161.1%の222百万円をあげる。事業総損益でも計画比105.2%をあげている。懸案であった子会社も、昨年の11月に破産手続き終結の登記が完了しすべて終わる。平成12年の合併以来の子会社問題は、10年の歳月を費やし一件落着した。前上村専務の手腕によるところが大きく、本当にご苦労様でした。

 懇談会では、葬祭センターに質問が集中するが、質問を通じ葬祭センター建設の必要性を理解する。主な質問は、・位置の問題・収支に関する問題・収容人員・提供する料理・・・・・。
私も2点質問しました。
 ・平成27年にこの営農センタに隣接した場所に、454床の魚沼基幹病が開院しますが、
  開院に伴い交流人口の増や新たな企業の進出が予想される。JA事業として経営戦略を
  持つべきでないか!!
 ・第5次中期経営計画書の中で、P12の「・・・組合員・地域住民への保健・福祉事業の
  積極的な推進。」について23年度、検討・調査研究となっているが、特養とかディー等
  の施設建設等を考えているのか伺う。

         ●今年11月オープン予定の葬祭センター
f0019487_844372.jpg

         ●JA役員と幹部職員
f0019487_8492676.jpg

f0019487_8501210.jpg

[PR]
by 2nezou | 2011-05-11 07:39 | 地域情報 | Comments(0)
がんばれ東日本・がんばろう南魚沼市決起大会
        5月11日(水)16:00~18:15

 六日町温泉「ホテル魚とし」で、標記の大会が開催され井口市長が「復興支援ー自粛しない南魚沼市宣言」を行う。
 主催は、南魚沼市と市観光協会で参加者は、県の観光協会長、県の地域振興局長他各部長、JR駅長、議会、商工会、観光協会、JA、旅館組合、市の幹部職員等で150名の参加のもと開催される。
 ●被災地の現状と報告がなされる。
    ・NPO法人エコプラスト 理 事 大前純一 氏
    ・雪国青年会議所     理事長 小野塚徹 氏
 ●次いで講演「新潟県観光の明日へ向かって」が
    ・県産業労働観光部 観光局長 渋武 容 氏
 ●現状と今後の取り組みとして
    ・六日町観光協会長、大和商工会長、石内丸山観光協会長、JA塩沢組合長
 ●最後に「自粛しない南魚沼市宣言」を、井口市長が宣言をし一部は終わる。
  <自粛しない宣言の概要>    
   ①地域経済を活性化し、東北復興・日本復活の活力のために、観光振興に積極的に
    取り組み、経済社会の停滞につながる行事等の自粛はしない。
   ②今夏は電力不足が予想され、計画停電になると市経済は低迷するので、ピーク時の
    電力使用を計画的に節約する。
      ・市民に積極的な外出を呼び掛ける。(リクレーション、買い物等に)
      ・家族・グループ旅行を奨励するための具体的な対策や商品づくりをする。
      ・夏休みのお盆期間以外への旅行を積極的に支援する。

       ●復興支援~自粛しない南魚沼市宣言をする井口市長
f0019487_69391.jpg
f0019487_691385.jpg





 
  
[PR]
by 2nezou | 2011-05-11 05:49 | 議員活動 | Comments(0)
総務文教委員会開催   NPO湯沢砂防総会
       5月10日(火)

<総務文教委員会~継続調査>9:30~12:00 
4・25に委員会が開催され、「南魚沼市文化スポーツ振興公社」の調査で、委員の質問(理事の選任、予算書について)に対して納得できる説明ができなく今回の継続調査となる。
 調査の冒頭に遠山教育長より継続調査となり、準備不足に対してのお詫びがあり調査に入る。
 市の20からの施設が公社により運営されており、1億5千万の補助金等が繰入されている。
 その実態や運営について多くの質問がでる。今回は資料が追加され、説明者も補充し対応したので公社の現状や課題が良く理解できた。

 六日町文化会館建設を機に、昭和63年に公社が設立され、平成18年には塩沢の文化スポーツ事業振興公社と合併し現在に至っている。多くの市有施設の指定管理者として業務を行っており、市の文化スポーツの振興に重要な役割を果たしてきた。

 今回の調査で知ったのが、現在の公社(公益法人)は、平成25年11月までに新制度へ移行しなけらばならないこと。それにより、会計基準の変更や理事、評議員の任務や人選が大きく変わることが本調査で知った。今回の調査がなければ公社のペースですすめていったんだろうと思うと委員会の責任を感じる。

<NPO湯沢砂防総会>16:00~17:30 
 上田理事長(元塩沢町長)のあいさつで23年度の総会が開会する。確か5年前に設立しましたが、総会に出席するのは今回が初めてです。会員は50人で、賛助会員は26社。
 総会の主行事である講演は「最近の砂防情勢について」国土交通省北陸地方整備局 萬徳湯沢砂防事務所長が講師。
 私どもの地域は、津波こそ来ないが土砂災害は、津波にも匹敵する被害を出す実態が報告され、改めて砂防事業が私たちの生活を守っていると認識する。
     
       ●上田理事長の挨拶
f0019487_23181219.jpg






 
[PR]
by 2nezou | 2011-05-10 22:09 | 議員活動 | Comments(0)