<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
浦佐スキー場に関する会議
           5月30日(水)19:30~21:00

 浦佐スキー場が閉鎖して1年。50年続いたスキー場の灯が無くなり、地域のシンボルが消えて改めてその存在の大きさを知る。
 愚痴にはなるが、もっと地域と密着したスキー場経営を行っていれば、こういう事態は避けられたかもわからないと思うのは私ばかりだろうか・・・・・・。

 昨年11/7、12/20に、破産関係と防災事業について説明を受ける。今年度に入りその後の経過と進捗状況について、市、県より説明を受ける。
 <県より> 
 ・ゲレンデ内の土砂災害(地すべり)事業について、再度説明を受ける。
 ・ほとんど昨年の説明内容と変わらないが、地域の方は新年度になり役員が
  変わったので良かった。
 ・既存の排水溝等の関係もあり、今後田町の区長さんと県は再度協議する。
 ・工事は、順調に行って10月頃には完了する。

 <市より>
 ・現在は、破産管財人が管理しておるが、売却はすすんでいない。
 ・リフト等の鉄柱は長岡の業者と契約し、当初は3月中に撤去すると言ったが
  遅れている。
 ・頂上の建物(レストップ)5/11に調査し分析の結果、心配していたアスベストは
  無しと判明する。
 ・管財人は今年中に終わりにしたいと言っている。
 ・今後、地元としてどのように活用していくのかが重要となり、それが無ければ行政は
  対応できない。
 ・今後は、スキー観光の土地、市の土地、個人の土地の関係
 ・土地について、市と地元(区)との関係をはっきりさせておく。
  今までは賃貸料地元9対市1。

 浦佐の西山一帯は、地元有志でここ数年で整備されてきており、一番整備されているのが浦佐スキー場であるので、今後どのように活用するのか、地元にとって大きな課題である。継続的に話し合いをしていかなくてはならない。

 山頂までは簡易舗装があり車で可。山頂は整備されており、テニス、ミニゴルフ場有。眼下に八海山、魚野川、新幹線を望み景観は最高だ。
[PR]
by 2nezou | 2012-05-30 10:18 | 地域情報 | Comments(0)
議場における国旗・市旗除幕   議会全員協議会
           5月28日(月)

<除幕式>
 9時より議場に掲揚する国旗・市旗の除幕式が行われる。
 この件については、議会、会派代表者会議、議会運営委員会で約1年間議論する。
 国旗に対して、共産党は戦争と結び付けての発言が主で、議場への国旗の掲揚は反対してきたが、ようやく今日を迎える。検討の経過で会派や各議員で、議場に掲揚することへの濃淡はあったが、今日の除幕には、共産党を除くほぼ全員が出席する。
f0019487_10123058.jpg

<議会全員協議会>9:30~12:00
 毎年この時期に、今年度(24年度)の国民健康保険税の、税率を決定するための臨時議会が開催される。今年度もそういう予定であったが、23年度国民健康保険会計の決算が黒字となったり、個人所得の一部に伸びがあったこと等から、税率「据え置き」で、24年度は行ける見通しが立ち「全員協議会」となる。

 国保会計が厳しいことは、各自治体も同じであり、法で決められている以上に一般会計から繰り入れている自治体が多い。当市も法定外繰り入れを23年度10千万円予算計上したが、上記の理由で23年度は執行せずに済む。24年度は15千万円を予算計上。

 もう一つの議題は、「市立病院整備について」
 5/21の地域医療対策調査特別委員会と同じ資料で説明を受ける。
 
 医師の確保は、基幹病院との関係は等々・・・・、もっと活発な意見や質問が出るかと思ったが、市立病院(六日町・大和)の役割、機能、整備方針、規模と位置について、提案通り理解したようだ。
 地域医療は、「佐久(長野県佐久病院)と、ゆきぐに大和」から学べと全国から注目された。その現場の先生方がまとめた整備方針であり、市長とも大方の方向で一致をみている。
 六日町は160床を目標とし、当面は130床でスタートするとして、今年度予算で設計に入る。大和病院は、80床を目標として、当面は30床でスタートする。
 
 基幹病院が着工され、一番身近な六日町、大和病院の整備が始まる。六日町病院整備に、40億円くらいかかる。そして大和病院も十数億の建設費がかかる・・・・・・。

 それらの建設もあり、今年度中に「財政計画」を明示することになっている。
 財政の健全化があり、市民サービスができることは言うまでもないし、それらを見通しての病院建設である。

 
[PR]
by 2nezou | 2012-05-28 10:00 | Comments(0)
新潟県農業技術学園同窓会本部役員会   南魚沼市自衛隊協力会理事会
               5月25日(金)

<自衛隊協力会理事会>18:00~19:00
 昨日八か峠新トンネル内でガス爆発事故が発生し市長は欠席。必死の救援作業にもかかわらず、トンネル内のガス濃度が高くて、送風機でガス濃度を薄めての救出作業となるので、1200mの現場まではたどり着けないでいる。4人の安否が心配だ。爆風によりトンネル内は、がれき等で侵入も大変のようだ。加えてトンネル内の視界は1メートルと言う。困難と危険な救出作業だ。

 理事会に出席していた役員の方で、現場の近くにいたから、報道各社からインタビューを受けてテレビにも出たようだ。本人が言うには、ドーンと言う大きな音がしたが、まさかトンネルとは思わなかったと。
 新聞の一面、全国紙、テレビのニュースでもトップ扱いで報道している。

 理事会は総会に提出する、23年度決算、24年度予算について協議する。今年度総会は7月6日(金)午後4時からホテル坂戸城で開催する。

<農業技術学園同窓会本部役員会>13:00~15:30
 県農業試験場に来たのは何年ぶりだろうか・・・・・。本当に久しぶりだ。
 私どもが過ごした、学び舎や寮はもうとっくに無くなっている。試験場の周辺も住宅が押し寄せてきているようだ。私は監事なので、刈羽支部長の竹内さんと13時から監査を行う。14時から本部役員会。6月9日に開催される総会提出議案の検討を行う。

      ●コシヒカリの産みの親・農林1号を育成した「並河先生」の胸像(昔のまま)
f0019487_10544089.jpg

[PR]
by 2nezou | 2012-05-25 09:31 | Comments(0)
浦佐菊まつり実行委員会
             5月24日(木)19:00~20:00

 今年27回目を迎える菊まつりの実行委員会が開催される。午前中に事務局会議、午後より監査が行われる。弥彦に次ぐ菊まつりとして知れているが、栽培者が高齢になり、このまま新規の栽培者や新たな出品者が増えなければ、近い将来まつりの開催もピンチになる。
 今年度の菊まつりは、審査会が10月29日、10月31日から11月10日までの11日間。今年は、新幹線開業30年にあたり、JRも菊まつりの頃に記念イベントを行うようなので、連携と協力要請があった。
 
         
             ●昨年の菊まつり歓迎アーチ
f0019487_9304495.jpg

[PR]
by 2nezou | 2012-05-24 09:09 | Comments(0)
特別養護老人ホーム「雪椿の里」竣工式・祝賀会
              5月22日(火)

 竣工式式典で、社会福祉法人八海福祉会理事長若井さんの式辞(挨拶)は、感極まった感じのようであった。先に六日町地区に特養を建設しようということで、六日町福祉会が立ち上がったが断念する。地域に最後の奉仕と言う強い思いが、断念した同年21年11月に本会の準備会を発足させ今日に至った。
 幾多の困難や試練があった事と思いますが、若井理事長さんの強い意志とエネルギッシュと人を巻き込む人柄に、県当局をはじめ地域や多くの方が賛同し今日の日を迎えることができたと思う。本当におめでとうございます。

               ●テープカットをする理事長他来賓の皆様
f0019487_8404857.jpg
f0019487_8405971.jpg

               ●雪椿の里1階イベントホール竣工式典
f0019487_8421224.jpg

[PR]
by 2nezou | 2012-05-22 18:24 | 地域情報 | Comments(0)
地域医療対策調査特別委員会(第8回)
            5月21日(月)9:30~12:00

 5月11日に基幹病院の起工式があり、27年開院にむけて454床の建設が始動した。
 魚沼地域に待望の「救命救急医療」と「高度先進医療」(がん医療、循環器病医療~心疾患や脳卒中、新生児・周産期医療)が実現する。

 地域医療は、従来の病院、開業医が担うことになる。今までの委員会は基幹病院の事が主であったが、これからは、六日町病院、大和病院、場内診療所のあり方は整備方針は・・・・・・・。

 大和病院では、昨年から先生方を中心に、魚沼基幹病開院後の地域医療のありかたについて議論してきており、その考え方を中心にした「市立病院の整備について」として提案されてきた。今日の特別委員会をえて、28日に同じ議題で「議会全員協議会」が開催される。

 市立病院群(六日町、大和)を整備するについて、現場の先生方の考え方を委員で共有できたことは大変良かった。特に大和の我々は、大和町時代15,000人の人口で、200床からの病院をもち、全国に「大和方式」とまで言われる病院の経験があるので、資料の説明を受け納得し理解をすることができた。

 <説明の概要> 
  ●はじめに
   ・地域医療を推進するには医師の確保は不可欠~行政と医療の現場が協働して
    医療ビジョンを作る。
   ・医師は自前で確保する。
   ・医療ビジョンは、地域住民の健康問題を熟知している地元の医療機関でなくては
    できない。
   ・地域における「医療ビジョンは、地域の医師が策定する」
  ●地域医療とは
     地域医療と言う言葉の明確な定義はないそうですが、「医療全般」という広義な
    ものから、「へき地への医療提供」という限定的なものまである。
    地域医療に造詣の深い山口昇先生の考え方を引用すれば、地域医療は
         ・生活を支えること、延長線上に在宅を位置づける。
         ・医療と言うのは、病気を直すだけでなく、健康づくり・疾病予防から障害
          を持っていても寝たきりにならないように、重度化を防止するという
          予防の発想が必要。
  
  「地域医療」という概念を病院の先生方はどのように考えておられるのか・・・・・。    
   ・人々の生活を医療の面で支える
   ・この地域の暮らしが分かり、それを医療の面で支える。
   ・住民が望んでいるものが地域医療。
   ・保健・医療・福祉・介護が連携して、「病院を中心とした街づくり」をする。
   ・この地域で暮らす一人一人の医療である。
   ・現在行われていない医療は、医師を確保する。
   ・住民の中に溶け込み、理想は1次から3次まで行うこと。
   ・地域おこしであり、地域の幸福論が大切。
   ・人を診る、家族を診る、生活を診る、地域を診る。

 ●必要な医療と提供できる医療 ●医師の確保と医療の継続 ●経営の健全化について
  資料により説明を受ける。
 ●そのうえで、六日町病院、大和病院の役割と機能、そして、整備方針について
  説明を受ける。

  日々私たちの健康を思い、医療に当たっている先生方の意見を中心とした、市立病院群の整備方針について、議会として応援するスタンスが、旧大和町の経験から大切だ。

  
[PR]
by 2nezou | 2012-05-21 16:50 | 議員活動 | Comments(0)
井口一郎3選出馬を要請!
             5月20日(日)18:00~19:00

 当初、今日の会合は後援会の役員人事が主目的であったが、会場に集まる役員は、口元をギュッと締め、いつもの会合と違う雰囲気だ。会議室に入ると、井口市長・当人も来ており険しい顔をしている。
 すぐに、昨日の新聞のせいだなと思った。2面に「井口市長3選出馬」と小見出しで、顔入り写真で掲載している。私も一瞬、目を疑ったが、小見出しでは、3選出馬は決まったようだが、内容を読むと、これから「家族や後援会と相談し、議会で出馬するか、しないかを表明する」と本人談話が載っていた。
 それにしても、新聞報道で、3選出馬が既成事実のように広まった。

 会議挨拶で、本人の胸中の一端が紹介され、合併し8年、六日町時代から首長は12年になる。合併での約束はほぼ達成したし、首長は3期で十分。意欲のある新市長にふさわしい人にバトンタッチもやぶさかでないような心情も話される。秋の任期に対し、役員のみなさん、それぞれの考え方があると思うので充分議論してもらいたいと席を外す。

 新聞報道で、執行部が予定していた議事通りには行かなくなり、会議の進め方で意見が続出する。今日の議題は「後援会として3選出馬を要請する」一本にすることで決定する。
 南魚沼市の合併の市民との約束の総仕上げをしてもらわなくてはならない。まだ、計画半ばだ。そのためには「井口一郎」しかいないと、3選出馬を満場一致で決める。

 井口市長は、後援会の要請を重く受け止めて、熟慮したいと話す。そして、6月議会で進退をはっきりすると言明する。

 市長は2期目の時に、確か「1期は、新市の柱を立てた。2期は屋根をかけると言った。」柱と屋根だけでは市民は安心して暮らせない。家に例えれば、暮らしやすいようにきめ細かな造作をしてもらわなくてはならない。言い換えれば、3期は一番重要な時期でもある。幸い、井口市長は健康は万全だし、何よりも決断と実行がいい。どこに出ても我々が誇れる市長だ・・・・・。
[PR]
by 2nezou | 2012-05-20 15:55 | 議員活動 | Comments(51)
日本山岳リゾート活性化国際フォーラム
             5月15日(火)14:00~17:00

 南魚沼市とセルデン町(オーストリア)姉妹都市締結30周年記念として、日本山岳リゾート活性化国際フォーラムが、浦佐の「さわらび」で開催される。

 ●基調講演は「チロル観光法と組織改革を推進した行財政戦略」と題して
                 チロル州自治体会長(セルデン町長)エルンスト・シェップフ氏
 ●パネルデスカッション
     ・コーディネーター  駒形正明氏(テレビ新潟)
     ・パネリスト      エルンスト・シェップフ氏
                  ヨセフ・ファルクナー氏(チロル州観光協会連合会長)
                  橋本 徹氏(国交省観光庁 観光地域振興部長)
                  泉田 裕彦氏(新潟県知事)
                  猪谷 千春氏(国際オリンピック委員会名誉委員)
                  見並 陽一氏(JR東日本常務取締役)
                  井口 一郎氏(南魚沼市長)
                  柳 一成氏(財新潟県スキー連盟アルペン部長)
                  小野塚 昭治氏(新潟県スキー観光産業振興協議会幹事長)
<基調講演の概要>
 ・チロル州人口70万人、面積12,648k㎡、市区9、地方自治体279。
       (オーストラリア人口800万人)
 ・チロルはオーストリア全体の宿泊の34.2%を占める。
 ・チロルはヨーロッパでもっとも観光に集中した地域。
 ・住民一人に対する年間宿泊数~チロル60人、セルデン742人。
 ・1996年に264あった観光協会を34に統合する。
 ・チロル州の観光予算は126億円。
 ・126億円は全て60,000の事業者と27,000の宿泊業者が拠出。
 ・義務会費と基金ということで、宿泊事業者からは滞在税で44億円徴収している。

<パネルデスカッションの概要>
 ・柳~県の強化選手をチロルに送る
 ・猪谷~シルバーをターゲットに。日本に会ったシステムを。一部屋いくらにしたら。
 ・小野塚~特定目的公益自治体を進めて。協会は連携でなく統合を。
 ・井口~学校の授業にスキーを入れてもらいたい。基幹病院ができるので健康産業を推進。
 ・見並~グローバル化を。広域連携。共益費を見習う。
 ・瀧本~組織の問題、リーダーの問題、予算の問題。
 ・泉田~セルデン町長にいい話しを(共益費、滞在費)聞き感謝。
      県の観光予算は削らない。スキーのメダリストを出していきたい。
      学校でのスキー授業導入は、商工観光部長が教育長になった。
      予算は大きな宿題として持ち帰る。
      南魚沼市は、基幹病院を核としたメデカルタウン構想の実現を。

 観光予算は行政に頼らず、自前で「共益費」「滞在費」と言う形で賄っている。そして、組織の数を少なくした等々考えさせられることが多く大変勉強になった。また、チロル州観光法は、100年の歴史と伝統があり、私どもも大いに学ぶべきところがたくさんある。

      ●記念式典、基調講演、パネルデスカッション
f0019487_16261356.jpg
f0019487_16264015.jpg
f0019487_16265036.jpg
f0019487_1627574.jpg

      ●会場をホテルに移動し「記念レセプション」
f0019487_1628798.jpg
f0019487_16275895.jpg
f0019487_16283931.jpg
f0019487_16282988.jpg

 4月10日から19日に南魚沼市から17名がセルデンを訪問。
    
[PR]
by 2nezou | 2012-05-15 15:12 | 地域情報 | Comments(1)
行政調査(萩市、益田市、出雲市)
       5月10日~12日

<5月10日>
 ●松下村塾
 山口県は歴代の首相を8人輩出しており、どのような環境風土がそうさせたのか興味深く、人口54,000人の萩市を訪れ、その一端を知ることができた。
 木造瓦葺き平屋建ての50㎡ほどの家で、8畳の講義室・10畳半のひかえの間・1坪の土間部分からなっている。吉田松陰先生がこの塾で教えた期間はわずか1年でしたが、身分や階級にとらわれず門下生として受け入れ、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、山県有明、品川弥次郎ら明治維新の原動力となった多くの逸材を育てた。吉田松陰先生は幼名は虎之助と言い30歳で生涯を閉じる。
f0019487_725898.jpg

f0019487_741952.jpg

 ●市民(NPO法人)との協働による図書館運営について
 平成23年3月に開館した図書館は、延べ床3000㎡、蔵書数22万冊、電子書籍1,500冊。建設費11億円。隣接して児童館(建設費約4億円)も同年に開館する。
 当市の建設予定の図書館は、市で運営するということだが、ここの場合は「萩方式」と言われている。
 市の職員は5人、NPOによる職員は会員が35人おり、委託契約による業務とNPO法人が独自に行う業務とに分かれておる。
 運営は、一般的には指定管理、直営管理、共同管理であるが、両者の自由度を尊重し、職員も働きがいがあり、結果として給与も高い。仕事も指示待ち症候群でなく、自ら課題解決に向けて仕事する職員だ。
 その結果だろうと思うが、休館日は無く原則年中無休。(2月の第1月曜日から3日間は蔵書点検、館内清掃のため休館)開館時間も午前9時から午後9時まで。
 特色として、読書通帳、レファレンス専門員20人採用、IC化による自動貸出器、電子図書等の導入。
f0019487_1721979.jpg
f0019487_1724473.jpg

<5月11日>
 ●島根県益田市は人口5万人。「人麿と雪舟の町・益田」として全国的に知られ、市内には両聖に関する遺跡、美術品など多くの貴重な文化財が残されている。

 益田市では、①地域医療を守る取り組みについて②景観まちづくり事業について調査をおこないました。
 益田市は市立の病院はないが、市内に日赤病院等があるが、同医師不足による産婦人科が診療休止になったり、里帰りお産ができなくなった。市では、「地域医療対策室」を、議会は、「地域医療対策特別委員会」を設置し、「県任せ、病院任せでなく」、市の医療対策の取り組みが始まった。
 21年には「益田の医療を守る市民の会」設立総会が開催される等々の取り組みは大変参考になった。

 景観まちづくりについては、21年度より基礎調査と合わせ、景観賞、ワークショップ、23年に景観行政団体に移行し、景観計画基礎調査、景観ワークショップ、景観シンポジウム、赤瓦の街並み整備事業、景観まちづくり事業、景観まちづくり基金の創設等次から次へと施策を出しており、26年度末までには、景観計画の策定
と合わせて景観条例を制定するという。
 当市は、平成19年度に新潟県で5番目に景観行政団体になったが、その取り組みは遅いし、力点が置かれていないみたいだ。
f0019487_659469.jpg

●島根県出雲市は人口15万人。「神話の国 出雲」として全国に知れ渡り、一年に一度、神在月(10月)に全国八百万の神々が集まるところ。そのご利益にあずかり、いいご縁に結ばれようと、全国からの参拝者が絶えない。今年出雲大社は、60年に一度の大改修が行われており、平成25年来年は、60年ぶりに大国主大神様がお還りになる「本殿還座祭」が行われる。

 出雲市では、①議会基本条例 ②ふるさと納税について調査する。
 全国に先駆けて、平成19年に議会改革の一環として条例を作る。その取り組みの背景や内容について調査する。昨今では、議会基本条例を制定する議会が多くなってきているが、議会としては、基本的なことであり、条例を作らなくても市民に開かれた議会となっており問題はないと思うが、条例を制定する過程で全議員が、今一度、議会のあり方等を考え共有することは意義がある。また、地方自治法の一部改正等で、地方議会制度の会期や臨時議会の招集権等の改正があり、議会基本条例を制定することも意義がある。 
  

 「ふるさと納税」の取り組みは、大変参考になった。
 単なる財源確保のためでなく、「納税された方との縁を結ぶ事業」と位置付けている。
 担当する課も、政策企画課で「出雲ブランド室」。当市は財政課。基本的に大きな違いだ。
 寄付者は20年度が713名、17百万円が、23年度1382名、23百万円。市内出身者は12%、市外出身者は88%。出雲が好きになってもらう取り組み、縁を切らない取り組みとして、「地元特産品」を中心に、あの手この手でPRしている。結果は、数字の通り二重、三重、四重の効果があると話す。
f0019487_1245259.jpg
f0019487_1244142.jpg

<5月12日>
 ●松江城松江城は千鳥城ともいい、全国に現存する12天守の一つで、昭和10年に国宝に指定された。(天守の平面規模では2番目、高さは3番目、古さは4番目)
 慶長16年堀尾氏が5年の歳月をかけて完成し、堀尾氏、京極氏の後、徳川家康の孫にあたる松平直政が、信州松本から移封され、以来、松平氏10代234年間にわたって出雲国を領した。
f0019487_12184855.jpg

     ●武家屋敷
f0019487_12211750.jpg

     ●小泉八雲旧居や小泉八雲記念館を見学し、改めて浦佐の池田記念美術館の価値を知る。
f0019487_12272296.jpg
f0019487_12273681.jpg

     ●出雲大社の神々に東日本の復興と日本の景気を祈り、
      TPPの反対もお願いする。そして、孫が健やかに成長するように願う。
f0019487_12305369.jpg
f0019487_1231619.jpg

   
[PR]
by 2nezou | 2012-05-10 16:53 | 議員活動 | Comments(0)
会派代表者会議
        5月8日(火)13:30~15:00

 (1)国旗・市旗について
 国旗、市旗の形状は70㎝×105㎝のアルミ複合版のパネル。掲場時期は5月28日の臨時議会から。
 議論があったのは、除幕式と祝賀会。
 粛々と除幕式と祝賀会と言う名前でなく祝う会は提案通り行うべしが、私どもと歩む会で、他の4会派は行わなくていいで平行線であったが、議長の強い思いがあり、除幕式は行う方向で決まる。祝う会の開催については、行わない方向だ。
 (2)議員定数について
 来年秋に改選を迎える定数問題は、一会派が減員だが、外部委員会を開くべきの意見。市民から減らすべきと言う声は聞かない。2回続けて減らさなくても。活動範囲が広い。委員会人数も少なくなると良くない。大勢の市民の声を聴くには減らすばかりが良くない等々で現状維持でまとまる。
 (3)一般質問のトータル時間の制限と委員長報告のあり方については、議運で検討することとなる。
 (4)その他
 クールビズは職員に合わせ、5月から10月まで。
 7月1日に総合防災訓練あり。
[PR]
by 2nezou | 2012-05-08 16:20 | 議員活動 | Comments(0)