<   2014年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧
社会厚生委員会
             4月30日(水)9:30~17:15

 調査事件
 (1)廃棄物可燃施設スラグの利用について(現地調査含)
 (2)太陽光発電システムの設置状況について(現地調査含)
 (3)医療再編対象4病院間の協議について(現地調査含)
 (4)市立病院再編について
 (5)南魚沼市保育園施設整備計画(案)について
 (6)その他

 1日110トンのごみ処理すると6トンのスラグが発生。
 全国初で平成21年3月にJAS認証を取得し、砂の代替として利用さいている。現在、スラグの大半は下水道工事の埋め戻し材として、山砂7、スラグ3の割合で混合して使用。また、熔解スラグ入りコンクリート二次製品の実用化に向けて進めており、湯沢町、魚沼市に提案する。
f0019487_6221188.jpg

f0019487_6221955.jpg

 冬期間は発電量が少ないと言われ普及が広がりにくいと言われているが、個人でも、市の補助金を活用して設置する方が増えている。設置20年くらいで施設費は回収できるようだ。
 特別養護老人ホーム「雪椿の里」では屋上に太陽光パネル(モジュール)168枚、約50kwのシステムを施設しており、最大発電時には、施設電気使用量の三分の一を補うことができると若井理事長は話す。
f0019487_6305022.jpg

 基幹病院の進捗状況は現在7階を施行しており8階(9階建て)の床をしている。現在350人くらいの作業員が働いており、来年6月の開院を目指している。
 魚沼圏域救急医療連絡協議会が発足し、各病院の役割や課題、今後の進め方について協議真っ最中。
透析医療についても、移行・引継ぎに伴う課題。そして相互乗り入れ型研修も導入。
f0019487_6402561.jpg
f0019487_6403127.jpg

f0019487_6405167.jpg
f0019487_641171.jpg

 少子化、核家族化、女性の社会進出等保育園の約悪はますます大きくなる。4つの基本方針により施設の整備を進めていく。特に、老朽化などに伴う公立保育園の整備をする際は、民営化や統廃合の検討を進める。そして、公設民営保育園の民間法人への移管も今後の課題だ。それぞれ地域ごとに課題や環境が違うので、関係者と保護者、住民の皆さんとの協議が何よりも大切だ。
[PR]
by 2nezou | 2014-04-30 05:58 | 議員活動 | Comments(0)
 国道17号浦佐バイバス整備促進期成同盟会総会
            4月28日(月)13:30~

 会長の大平市長、副会長の井口市長そして、両市の皆川県議、若月県議(斉藤県議は欠)より来賓挨拶をいただき総会に入る。総会は、25年度の活動報告収支決算、26年度事業計画と収支予算を諮る。
 国会要望活動で全線開通等の感触はどうか・・・・。事業計画で、部分供用開始に伴い両市からの補正予算が必要になるかもしてないと補足説明あり。

 総会終了後、国交省北陸地方整備局長岡国道事務所 飛田所長より浦佐バイバスの事業説明を受ける。
 公共事業費は下げ止まりになる。全長6.6キロメートルのうち、今までに2.2キロメートル完成。今年は虫野までの1.8キロメートルを完成し供用開始したい。八箇峠道路は29年度開通を目指しているので、市野江浦佐間も早期に着工したいと・・・・・・。

 民主党政権になった時、費用対効果(b/c)で、1.0を割る0.9となり事業継続が危ういときもあった。
 国土強靭化に合わせて、基幹病院の27年開院もあり、早期の全線開通が強く望まれる。
[PR]
by 2nezou | 2014-04-28 17:51 | 議員活動 | Comments(0)
北信越市議会議長会
           4月24日(木)

 会場は福井市なので6時30分に公用車で出発する。牧野副議長と山口事務局長の3人。11時半頃には到着し市内でお昼をとり、会場の「ホテルフジタ福井」に入る。
 13:00からの評議員会に出席し、14:30総会が始まる。
 会長である福井市議会吉田議長が挨拶する。
 来賓で東村福井市長、西川福井県知事、佐々岡福井県議会議長より挨拶いただく。

 福井市は人口26万人、536k㎡(当市は585㎡)一乗谷朝倉氏遺跡、柴田勝家と長い歴史に培われた文化が息づいている。明治22年に姿勢を施行して以来、戦災や震災、水害など幾多の災害から不死鳥のように復興し発展してきたまち。平成30年に福井国体を控え、歴史が見える~県都デザイン戦略~を推し進めている。

 総会は25年度、26年度の歳入歳出を諮る。総会のメーンは各県市議会議長会から提出された18議案。本県からは、・日本海沿岸東北自動車道の整備促進 ・上越新幹線、北陸新幹線、信越本線の接続 ・北陸新幹線の建設促進及び在来線の利便性 ・松本糸魚川連絡道路の早期着工・・・・と4議案を提出。
 各県からは4~5議案が提出され、その中から全国市議会議長会への提出は会長一任。
 来年度の会場は新潟県長岡市と決定する。

 在職10年以上で、阿部久夫、腰越晃、牧夫晶、樋口和人の4人が表彰を受ける。
 おめでとうございます。

f0019487_17291781.jpg

f0019487_1729477.jpg

f0019487_17304550.jpg

<4/25 魚津市表敬訪問>11:00~14:30
 今秋に、魚津市と友好都市契約を結ぶことで進んでいるので、帰路魚津市に寄って来る。
       ●魚津市梅原議長と関口副議長と
f0019487_17335683.jpg

       ●レベル3の蜃気楼が見えた
f0019487_17365547.jpg














   
 
[PR]
by 2nezou | 2014-04-24 07:16 | 議員活動 | Comments(0)
産業建設委員会
           4月23日(水)9:30~17:00

 調査事件は
 (1)スキー場の入込状況と冬季観光の課題
 (2)六日町街づくり株式会社の現状とララの運営について
 (3)六日町中心市街地の活性化について
 (4)新たな農業農村政策について
 (5)そのた
   ・不明水   ・水道水による融雪実験

 議長は発言できないが出席していて思ったことは、・スキー場、・図書館や市街地の活性化、・農業問題等どれもこれも大きな重要課題であるが、時間が少なく深まった調査にならない。スキー場の調査のところで、地元の子供をスキー場にどのようにして呼び込むかという調査の中で、担当職員が「私にはわかりません・・・!」と言うような主旨の発言もあり委員会は騒然とした。傍聴議員はこれらのことから、活発な委員会であったと言うが私は疑問である・・・・・。往々にして時間を気にしての運営になっているので、調査が深まらない。
 そこで、たとえば、スキー場問題とか農業問題等は議員連盟を発足させ個別に勉強会をして、市政に反映させるようにした方がいいと思った。次回の会派代表者会議で提起してみよう・・・・。








 
[PR]
by 2nezou | 2014-04-23 06:50 | 議員活動 | Comments(0)
湯沢町・南魚沼市議会議員評議委員会
              4月22日(火)10:00~

 定期総会の運営について協議する。総会は5月16日、会場は六日町温泉「坂戸城」。
 今年は総会前に研修会を行うことにする。
     演題は「雪国観光圏について」  
     講師は一般社団法人雪国観光圏代表理事の井口智裕氏。
 来賓は両市町長と両県議。長島代議士も今年から呼ぶことにする。
 オブザーバーとして、魚沼市議会(7名)が出席
 要望項目について検討する。


 ●「故関榮一」株式会社関電気社葬に出席~14時より
     会場は、ナスパニューオオタニ(湯沢町)500名からの参列者が献花をする。
     ある日の関会長を偲び合掌する。








     
[PR]
by 2nezou | 2014-04-22 15:53 | 議員活動 | Comments(0)
大河津分水改修事業調査着手式
             4月20日(日)

 大河津分水は、明治42年に着工。約10㎞の分水路掘削と暴れ川信濃川の流量をコントロールする堰の建設は困難を極めた。たび重なる地すべり、風土病といわれるツツガムシ病の蔓延。多くの人々の努力により大正11年通水しました。従事した人々は延べ1000万人。当時の日本の人口が4400万人であったことからいかに大工事であったか。
 工事で84名の方が亡くなり、その後信濃川の補修工事で16めの方が亡くなり、100名の殉職者の名前が石碑に刻まれている。第79回目の殉職者慰霊式も行われる。慰霊式は単に先人を偲び感謝するだけでなく、大河津分水を”後世に伝える”ことの意義と先人が願った水害の無い安全な暮らしを実現するための”治水の志”を再確認する機会である。

              ●殉職の碑
f0019487_15425367.jpg

              ●来賓による「鋲打ち」と「鏡開き」
f0019487_1544678.jpg
 
 当日は、大河津分水観桜会「おいらん道中」が行われると合って大勢の花見客であった。おいらん道中を見学したかったが、14時からの会議のため式典が終わると、後ろ髪ひかれる思いであったが、帰路につく。






       
             
[PR]
by 2nezou | 2014-04-20 15:21 | 地域情報 | Comments(0)
つかだ一郎激励の集い
          4月19日(土)

<一部 麻生太郎先生講演会>16:15~17:15
 県選出国会議員、自民党県議会議員、ほぼ全員が出席の中麻生先生の講演が始まる。
 
  ・ここ数年は日本の顔(首相)がコロコロ変わり、世界は日本を信用されなかった。
  ・新潟は0勝6敗から6勝0敗になった。揺れを止めなくては安定政権にならない。
  ・消費税増税による景気の先細りは財政出動でさせない。
  ・増税後の景気の下支えは5兆5千億円の経済対策を実施する。
  ・デフレによる不況は数年で脱却させる。~こうゆう例は世界にない。
  ・増税による財源は「福祉・介護・医療」に充てる。
  ・今後は社会資本を充実させる。
  ・アベノミクスでデフレ脱却をさせた後が問題で、日本は何で行くかだ。
  ・新潟には規模が小さくても、世界に通用するメーカーが相当ある。人材を大切に。

 副総理兼財務大臣の話ですので説得があり、講演は格調が高い中にも、わかりやすく
ユーモアを交えての1時間であった。
f0019487_10282153.jpg

f0019487_10283133.jpg

<第二部 財務金融委員長就任 つかだ一郎君激励の集い懇親会17:30~
 会場を3階に移し懇談会が始まる。泉田知事、国会議員、県連会長と挨拶があり、来賓が全員登壇して開宴となる。
 4月15日に長岡の事務所でお世話になった長島代議士と、星野事務所に訪ねてお会いした星野県連会長に先ず挨拶する。
 県知事の周りから人がいなくなるのを見計らって、県知事に石打スキー場に来たお礼を言い、ハーフパイプ施設の設置については進めていると話される。高橋県観光協会長にもお礼を言う。
 湯沢町長とは同じテーブル。多くの議長をはじめ議員と懇談する。十日町出身の尾身県議会副議長と親しく話す。尾身副議長は井口市長に「浦佐駅」の活性化をと話したから連携しましょうと話される。そして、JA中央会の高橋常務、びっくりしたのはKJ9期生の保護者(木伏さん)の方から声をかけられる。
 このように大勢の皆様と情報交換ができて最高でした。

          ●長島代議士の挨拶と星野県連会長の挨拶
f0019487_1050576.jpg

f0019487_1051659.jpg

          ●来賓が全員登壇しての乾杯です。
f0019487_10515237.jpg

[PR]
by 2nezou | 2014-04-19 17:46 | 議員活動 | Comments(0)
高崎市議会来庁  
          4月16日(水)10:00~

 高崎市議会、災害特別委員会のみなさん。ようこそ南魚沼市にお出で下さいました。
実はこれから、旧大和の先輩町会議員の方が、林野火災の災害でなくなられましたのでお見送りに行ってきます。私ども市議会議員は、住民の生命・財産・身体を守ることが、一番の責務であり、今回の事故は残念でありません。
 高崎市と言いますと観音様です。私が初めてデートしたのが玉崎の観音様です。御地は三国街道と中山道の交叉点、関越高速道路と北関東高速道路の交叉点であり、そして、上越新幹線と北陸新幹線の中継という、まさに交通の要であり、私どもが街づくりで学ぶところがたくさんあります。
 又、私の出身であります浦佐毘沙門堂は、五穀豊穣、戦の守であり、お蚕様の関係で、群馬県の皆さまの参拝が大変多いです。数年前に皆さまからの参拝客が「上杉謙信公」お手植えの「欅」はどれですかと教えられました。
 このようですので、皆さまのお出でをお待ちしておりました。

           以下市の産業を紹介する。

 (そして、最後に)
 今年の2月の大雪は御地は都市機能がマヒしたと思います。皆さんのところがマヒしますと、2回(2/8,2/15)の週末とも、スキー場はガラガラ、六日町温泉もキャンセルが170件、客数で約1000人で大打撃でした。そして、スーパー等の棚から生鮮食料品がなくなりました。
 また、来るであろう大雪に対し、今回の調査を通じ少しでもお役にたてばと思います。限られた時間でありますが、職員も精一杯対応いたしますので宜しくお願い申し上げます。
 今日は本当にご苦労様でした。

   
      
[PR]
by 2nezou | 2014-04-16 17:38 | 地域情報 | Comments(0)
大和商工会浦佐支部総会
        4月15日(火)18:30~

 26年度の総会が「田中屋」さんを会場に行われる。役員の任期は3年で今年度が3年目。毘沙門通りの賑わい事業は、本町商店会に呼び掛け協力をいただいていたが、諸般の事情で2年前に解散した。正直のところ残念であった。そうならないように、交流人口を呼び起こし、本町商店会がさらに発展し活力ある地域つくりができればと言うことであったが、道半ばにして、本町商店会が解散してしまった。
 本町商店会無きあと、「びしゃもん千年のまちづくり」心配したが、関伊勢新さん支部長、積極的に取り組んでいただきました。今年は、市制施行10周年記念事業2つ(毘沙門通り賑わい事業、毘沙門ライトアップと毘沙門通りライトダウン事業)を取り組むことにしており、商工会に期待するところが大きいです。

 議長に就任しての挨拶を行う。市政の課題と大和病院の今後についてを・・・・・。
[PR]
by 2nezou | 2014-04-15 17:00 | 議員活動 | Comments(0)
大和地区行政区長会   行政区長との懇談会
             4月14日(月)

 ・9:30~湯沢議長と4・22開催の評議員会について協議
         ・要望内容について~上越新幹線問題について
         ・講演会開催について
 ・11:00~大原運動公園・野球場視察、道の駅に立ち寄る
f0019487_16482624.jpg

 ・13:30~浦佐17号バイバス整備促進期成同盟会監査
 ・14:00~16:00 大和行政区長会
         警察、消防、福祉協議会等の話の後に市からのお願い事項がある。
 ・17:30~浦佐区長会と浦佐出身議員(佐藤・私)との懇談会
          懇談は、大和病院の今後に話題が集中した。















 
[PR]
by 2nezou | 2014-04-14 16:40 | 地域情報 | Comments(0)