<   2017年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
社会厚生委員会管外調査
             4月25日(火)、26日(水)

 25日の南砺市の「住民が担う高齢者の生活支援について」の調査は、東さんの葬儀出席のため欠席となる。
<富山型ディーサービスについて>
 バスで向かったが、エッここが視察先と思うほど、住宅地の中の普通の家だ。NPO法人にぎやか。机も椅子も無し4畳くらいの施設の一角の板場に座り、富山型デーサービスに聴き入る。「目から鱗」とはこのことと思った。
 利用時間は午前8時から午後6時、定員は22名、利用料金は介護保険等の各制度に準じ、制度に当てはまらない方は、一日2500円、半日1500円という。
   ・赤ちゃんからお年寄りまで利用できる
   ・障害の有無にかかわらず誰でも利用できる
   ・細かい規則は無しで、一日のスケジュールも無い
   ・その人の「ありのまま」を受け入れる
   ・にぎやかに、愉快に過ごしていただく
   ・毎日の昼食のメニューは決まっていない。
   ・食費は実費(朝・昼・夜各500円)で泊まりもOK(定員3人)
   ・送迎はその人の時間に合わせて行う
 いまでこそ、富山型と言われるようになり、全国に広まっている。今北海道から一人富山型を行いたいと言う事で泊まっている方がいると言うし、ボランテアで一週間も一ヶ月も泊まっていく方もいる。
 平成5年に富山赤十字病院を退職した3人の看護師さんが開所した施設・デイケアハウス「このゆびとーまれ」は、赤ちゃんからお年寄りまで、障がいのあるなしに関わらず受け入れたことに始まる。開所当初は行政からの支援は無かった。高齢者は老人福祉法、身体障がい者は身体障がい者福祉法等の各法により、施設の設備、人員が決められていたから。
 平成8年から市、県と連携スタートし今日に至る。

 3人の看護師が退職をして始めた理由
  ・病院でいくらお年寄りの命を助けても、家に帰りたい。畳の上で死にたいと言う。
  ・病院で働いていることの限界を感じた。
  ・当時訪れた老人ホームは、
      ~まるで生きる気力を無くしたようにボーとしている。
      ~まったく話もせずに一日を過ごしている姿を見る。
  ・子どもと一緒に笑ったり、怒ったり、することはどんなリハビリよりも良い。
  ・子どもがいればリハビリなどする必要ないと言っている。

 平成27年に塩崎厚生労働大臣が「このゆびとーまれ」を視察している。
 全てこういう施設と言うわけにはいかないかもしれないが、デーサービスの運営、施設のあり方を検討しても良いと思う。まさに「地域共生社会」の実現だ。
 新町の町内を「まるごと」考えてみたい・・・・・・。そして、浦佐地域が健常者も障がい者も子供もお年寄りも安全に住めるまちをと思う。

<認知症地域支援事業について>
大河ドラマ「天地人」で魚津城の攻防が放映されたことが交流のきっかけとなり、平成26年に友好都市となる。人口43,000人の魚津市は「蜃気楼・埋没林・ホタルイカ」のまち。  
魚津市における認知症施策
  1.認知症を理解するための普及啓発
  2.認知症の本人・家族を支える支援
  3.認知症を予防するために
  4.認知症高齢者や家族を支えるネットワーク
  5.認知症高齢者の相談窓口
 施策毎に具体的に取り組んでおり、認知症カフェ等南魚沼市も参考にするところが多いと思った。認知症サポーター養成講座は平成20年度から行っており、サポーター数は3653人で人口の1割弱。若年性認知症は50歳代で1人。認知症の早期発見・早期対応に全市を挙げて取り組んでいる様が感じられた。
f0019487_1734289.jpg




       
[PR]
by 2nezou | 2017-04-26 12:40 | 議員活動 | Comments(0)
斉藤隆景県議会議員葬儀    東貢氏葬儀

<4月24日>12:00~
 3月31日に逝去された享年74歳の斉藤隆景県議の病院葬(葬儀委員長・長島代議士)が湯沢ナスパにて開催される。昭和19年東京浅草に産れ、東京医科大学を卒業し、昭和52年に六日町に斉藤脳神経外科設立し、昭和55年に斉藤記念病院を設立する。平成11年に県議会議員に初当選し現在5期目で副議長を務めている。激動の人生であったと思う。斉藤先生の何事にも挑戦する姿勢は学ばなければばらない。安らかにお眠り下さい。 合掌
f0019487_1792246.jpg


<4月25日> 9:30~読経   11:00~出棺  12:20~お斎(八百重)
 4月19日午前6時30分電話で、長岡の病院で朝5時に亡くなるの一報が入る。昨日の商工会浦佐支部総会に、支部長である笠原さん欠席。東さん危ないんだなと思っていたが・・・・・・。享年80歳。
 東さんは、私の後援会の顧問であり、前の大祭委員長です。私が議員になったきっかけの一つに、平成15年だったと思うが、東さんと一緒に浦佐区会の役員をする。浦佐区会として3町の合併問題は大きな話題であり、浦佐から市会議員は誰がでるのかな等々の話しで盛り上がること数回・・・・・・。東さんは町会議員もなされ、大和観光協会長を歴任し、一昨年の6月には「南魚沼市中国訪中団」で一緒に中国を訪れた。湖南省の張家界市と常徳市と友好を深めてきた。大変元気であったが、その年の秋に体調がすぐれなく長岡の病院に入る。今日の喪主の話しでは余命4カ月と宣告されたが、昨年、そして今年も何回か元気の姿を見かけたがついに病には勝てなかった。安らかにお眠りください。
f0019487_1141511.jpg

[PR]
by 2nezou | 2017-04-24 16:58 | 地域情報 | Comments(0)
29年度春季消防演習
             4月23日(日)8:00~

 29年度の春季消防演習が行われる。
 昔は「災害は忘れたころにやってくる」であったが、昨今は「災害は忘れないうちにやってくる」に様変わりした。火災をはじめ自然災害(地震、風水害等)はいつ起こるかわからない。昔以上に日々の訓練が求められる。訓練を重ねていれば万が一の時にあわてないし、団員自身がケガをしない。
 消防団員服に身を包んで町内をパトロールしたり、消防自動車で火災予防を呼びかける様に触れ、市民は安全と安心をいただいている。団員の皆さんは全員が仕事をもっており本当にご苦労さんです。6万市民の生命と財産を守るために、より一層の訓練に励んでくださいとお願いする。
f0019487_16484619.jpg


<国際情報高校PTA総会>
 消防演習を中抜けして十数年ぶりにKJPTA総会に出席する。昨年KJに後援会が発足しその後援会長になったことからの出席。
[PR]
by 2nezou | 2017-04-23 16:37 | 地域情報 | Comments(0)
長島代議士を支援する議員会春季総会
              4月22日(土)14:30~

 新潟5区内の議員で、長島代議士を支援する議員68名(長岡市、小千谷市、魚沼市、湯沢町、南魚沼市)で組織しており、全国でもまれではないかと思う。26年11月25日に長岡で発足を見る。
 春季の総会は、28年の事業報告、決算の承認と29年度事業と予算が審議される。そして、5区内の要望事項を代議士に手渡す。
 開会あいさつで、丸山会長は、「今日から選挙という気持ちで・・・・・」と話す。
 続いて長嶋代議士より「国政報告」をいただく。

<講演会>講師:県立大学国際地域学部 田口一博准教授
        演題:「地方議会の条例立案について」


  ・まちとして、何をやりたいのか!
  ・条例はまちつくりだ!
  ・議員間で知恵やアイデアをだし、大いに議論する。
  ・役所の中、今の法律でできないことを議員立法する。
  ・行政部門間の調整ができないものを議員立法する。
  ・現在の議会事務局体制では難しい
     ~外部団体を使う又は民間企業に依頼する
     ~専門家の意見を聞く

 衆議院が解散すると新潟は1~6区安泰のところはない。ここ5区は、知名度のある候補が本部から送られてくる可能性が大で本当に予断はできない。

       ●講演会での田口先生
f0019487_16325551.jpg

       ●来賓の磯田長岡市長
          (他に星野県議、柄沢県議、西川県議、安沢県議)
f0019487_1635263.jpg

       ●長島代議士
f0019487_16353229.jpg

[PR]
by 2nezou | 2017-04-22 15:57 | 議員活動 | Comments(0)
市立病院群先生との懇談会   区長さんとの顔合わせ会
            4月21日(金)

<区長さんとの懇談会>17:00~
 今年度区長さん方との顔合わせ懇談会が田中屋さんにて行われる。
 市の行政がまわるのも区長さん方のおかげで、今年も災害の無いことを祈るばかりだ。今年の浦佐区会は、浦佐区会を代表する大区長はいるが、副大区長が4人おり、3か月ごとに大区長代理で行うようだ。大変変則的である・・・・・!!!
 今日の会議も大区長がおるのに、挨拶は区長代理が行う。ゆえに、9月に行われる敬老会の相談は、9月の当番の副大区長と行うことになるのだそうだ。何かすごく合理的であるようだが・・・・・。やはりおかしいと思う。これが前例にならなければいいと思うが・・・・。

<医師との懇談会>18:30~
 両病院の管理者と市民病院の院長先生、大和病院の院長先生をはじめ病院の先生方との懇談会がホテル「金誠館」を会場に行われる。議員は15名が参加。
 開会挨拶を兼ねて、宮永病院管理者と田部井院長先生が病院の現状と課題を話す。松島院長は遅れてこられたが大和病院の現状と課題を話す。
 病院に対して、議員間で認識に大きな開きがあり、同じ話を聞けたと言う事は大変良かった。旧大和の人間は、200床の「町立ゆきぐに大和病院」とともに暮らしてきたから、病院や先生に対して理解は深いと思っておる。先生も話しておられたが、市民病院であり、市民の応援が無ければ成り立たないと、特に議員は病院の応援団にならなくてはならないと強く思った。
[PR]
by 2nezou | 2017-04-21 12:18 | 地域情報 | Comments(0)
大和商工会浦佐支部総会
            4月18日(火)19:00~

 平成29年度の総会が田中屋さんにて開催される。会員は149名。大きな事業は夏祭りの大煙火大会。寄付集め、プログラム作成と当日の警備等大行事。年末年始の大売り出しと抽選会も恒例行事。そして、浦佐で行われる多くのイベント(グルメ、、山岳マラソン、菊まつり、小さなまつり等々)に先導的な役割を果たしている。特筆できるのは、メデカルタウン研究会を立ち上げ、まちづくりに大きく関与している。
 来賓を代表してあいさつする。
[PR]
by 2nezou | 2017-04-18 12:01 | 地域情報 | Comments(0)
高田自衛隊創設67周年記念行事
            4月16日(日)

 7時30分に大和庁舎を出発する。南魚沼市自衛隊協力会一行は総勢24名。
 昨年は、熊本地震で中止となる。ほぼ毎年参加するようにしているが、高田公園の桜が満開は初めてだ。

 シリアへの米軍によるミサイル攻撃、東シナ海・尖閣諸島周辺では中国機の領空侵犯のため千回近い航空自衛隊の緊急発進がある。北朝鮮は今年にはいり3回5発のミサイルを発射する。軍事作戦も辞さないと米国は原子力空母を朝鮮半島に向かわせている中、北朝鮮は力を誇示するかのように4月16日にミサイル発射を強行する。
 「一触即発」の中、高田自衛隊の記念行事が開催される。おりしも高田公園の桜は満開で大勢の市民が桜を楽しんでいた。このように毎日を平和で安心して暮らしていけるのも、自衛隊の存在と隊員の皆さまの活動があればこそだ。
f0019487_15543593.jpg
 
f0019487_15544835.jpg
f0019487_15551421.jpg
f0019487_15552453.jpg

[PR]
by 2nezou | 2017-04-16 15:43 | 地域情報 | Comments(0)
企業とIUJと南魚沼市協定書締結式
            4月11日(水)10:00~

 市では総務省の「お試しサテライト・オフィス事業」採択を受け、国際大学研究所に最先端のITテクノロジーを共同研究するサテライトオフィスを設置し、首都圏からの企業の誘致・集積を図っている。
 その事業を推進するために、国際大学、サテライトオフィスに入居する企業と南魚沼市が協定書に締結をする。
 
f0019487_1675287.jpg
f0019487_168636.jpg

[PR]
by 2nezou | 2017-04-11 15:56 | 地域情報 | Comments(0)