<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
中越地区市議会研修会    松原県議要望会
●8月22日(火)「中越地区市議会合同議員研修会」 
            14:30~17:30「十日町市・クロステン」にて


 <講演会>     
      演 題  「新潟から明日の医療を考える」
             新潟県立十日町病院長 古嶺文俊 先生

    南魚沼市立「城内病院」にもいられた方で講演は大変ためになった。
    患者さんを真ん中にした医療の話で大変良かった。
    健康ファイルでぴんぴんころりはどこの自治体でも実践できると思った。
   
  講演会終了後、情報交換会が行われる。

    ●十日町市議会議長の歓迎のあいさつ
f0019487_18175342.jpg

    ●第二部の情報交換会で、
      十日町市長、十日町市議員全員が登壇し歌を披露。
f0019487_18204533.jpg


●8月23日(水)「松原県議への要望会」13:30~
  大和地区の県への要望会が「働く婦人の家」で開催される。浦佐、薮神、大崎、東から区長さんが書類片手に、松原県議に説明する。松原県議の後ろには県、市の職員がその話にメモをとる。7月18日に大和地域を中心として非常に激しい雨が降り、住家への浸水、道路、水路及び水田への土砂流入などの被害があり、それれに関する要望が多かった。
f0019487_7373116.jpg

f0019487_7374651.jpg

[PR]
by 2nezou | 2017-08-22 17:44 | 議員活動 | Comments(0)
自民党大和支部役員会
              8月19日(土)17時より

 浦佐「お国じまん会館」にて役員会を開催する。今日の役員会は、来年自民党大和支部設立50年を迎えるので、開催要領の案の案を提示し、実行委員会の設置を決定する会議。そして、林市長から「講演」をいただく会であった。

 開会で、長島代議士の訃報に触れ、時おり声を詰まらせあいさつする。非情なもので補欠選挙が行われる。10月10日告示、22日投票。長島代議士の弔い選挙だから、誰が出ようが代議士の後継者だから絶対に勝たねば代議士の仏前に報告できないと話す。
 顧問の元県議会議長種村さん、前井口支部長よりも挨拶をいただくが、長島代議士へのお悔やみと補欠選挙は絶対に勝つと檄が飛ぶ。

 <林市長講演概要>
        演題「世界・アジアを視野に!雪国南魚沼市の挑戦」
   1.南魚沼の今
      ・国際大学の存在
      ・なぜ、ふるさと納税返礼品に取り組むのか
   2・南魚沼の未来と将来戦略
      ・スポーツ振興を市のエンジンに
      ・これからの「まちづくり」のキーワードは「防災」
      ・狙い、戦略をもって
      ・「魚沼ブランド」を誇り高く(雪国からの挑戦)
   3.課題と懸案

   4.私が考える「あるべき姿」
       ~帰ってこられる、住み続けられる故郷」とは?

●林市長の講演~就任し9カ月良い話であったと
f0019487_17281562.jpg


 会議終了後は、暑気払いを兼ねて別会場に。
 話題は、長島代議士の死去に残念の声しきり、本当に現場を大事にする人だと。そして何よりも市民目線で傲りがないし、誰の声にも耳を傾けてくれる。きさくで、国会議員らしくない。気軽に声をかけられる。次か次は、絶対に大臣になる人であった。5区はもとより新潟県にとっては大きな損失だ。余りにも早すぎた。
 誰が後継者になるのだと・・・適任者はいるのか・・・・・・。
 泉田前知事、森前長岡市長はすごい政治家だが、長島代議士の後継者と言うと首をかしげる。中原前参議院議員は国交省政務次官を経験し、2回の国政選挙を戦っており、適任と思うが・・・・。等々のさまざまな声が出る。
 たとえ誰に決まろうが、長島代議士の後継者だ。大和支部は一枚石になって戦う。








 
[PR]
by 2nezou | 2017-08-19 16:54 | 議員活動 | Comments(0)
長島代議士死去  
           8月19日(土)

 19日未明(確か1時過ぎ)携帯が鳴る。山古志の前議長関市会議員から「代議士が亡くなった・・・・・・・」と、突然の電話にただただ唖然とする。

 関さんからは、15日早朝に電話をいただき、代議士が15日未明に救急車で搬送されたと聞いており、その時関さんは、他人には言えないが、手術ができない場所なんだと話され容体は予断を許さないのではないか・・・・と。17日の新潟日報には「脳卒中で2カ月の入院加療」と報道される。本当にそうであってほしいと思った・・・・・・・。
 西山秘書は、先生に声をかけたら応対をした。倒れて1日目より、2日目と声をかけると対応はいい。あの頑丈の体だし、山古志で鍛えた体と精神だ。絶対に復帰しますよとの電話の声に勇気つけられたが、山古志の関さんが、口にチャックでと言われた言葉が頭をよぎったが・・・・・。

 今日は自民党の大和支部の役員会を計画していたこともあり、西山秘書から詳しく聞いて役員に報告と思い、小沢議員と黒滝議長と3人で山古志に行くことにする。林市長からも電話があり、井口前市長と5人で伺う。
 新装なった長島代議士の事務所により、そして11時頃山古志に向かう。東京の小島秘書が、「関先生が最後の陳情でしたよ(押合大祭の件で)」の言葉に涙が出る。安倍首相、二階幹事長の花が届く。まさに眠っているようで、声をかければ返事をするようだった。

       ●山古志の自宅にて。奥様とご長男を前に、林市長、井口市長とも
        突然の訃報で悔しがるばかりです。ただ残念ですの声が強く聞こえた。
f0019487_16435377.jpg

f0019487_16492230.jpg





 
[PR]
by 2nezou | 2017-08-18 15:57 | 議員活動 | Comments(0)
社会厚生委員会   米山知事と懇談会  二市一町議会議員協議会総会
●8月4日(金)「社会厚生委員会」
 2年任期の最後となる「社会厚生常任委員会」が開催される。
 <調査案件>は
  ①新ごみ処理施設について 
    35年に二市一町で新ごみ処理施設の建設を目指しているが
    建設地の候補公募するが不調に終わる・・・・・。
  ②野焼きについて
    大和地区の議会報告会で市民よりも提起されている。
  ③地下水の採取について
    慎重意見もあるが、地下水採取できるように条例改正すべき。
  ④その他
    全天候型遊びの広場、イオンモール内に12月末オープン目指す。


8月9日(火)「長島代議士」と「文化庁」に要望
 寺総代、大祭委員の3人で、裸押合大祭「重要無形民俗文化財」指定の要望に上京する。
 長島代議士同席の元、文化庁の方にお願いする。

 当地・越後浦佐の誇るべき伝統行事である「裸押合まつり」は、平成16年2月文化庁より「記録作成などの措置を講ずべき無形の民族文化財」として指定されたことを受け、平成21年度から3年間、国の助成による記録保存に取り組み、学術的な見地からの報告書の作成に至った。また、平成23年度から3年に亘る撮影の結果、「普及編(23分)」及び「記録編(100分)」からなる映像の記録も完成した。
 このような、今後も残すべき伝統文化としての記録保存活動をご考察頂き、「裸押合まつり」がわが国の「重要無形民俗文化財」として早期に指定されるべく、格段のご指導とご尽力を賜りますようお願いした。


●8月9日(水)「米山知事と懇談会」
 当初は、知事公舎で18時からの計画であったが、公務が入り20時より新潟駅隣接の会場で行う。
 参加者は、南魚みらいクラブとあゆむ会の議員10名と米山知事。
 米山知事より、魚沼地域の課題と将来について、挨拶を兼ねて話していただいた後に、一人づつ自己紹介を行う。
 魚沼基幹病院545床の早期のフルオープンをお願いする。それが達成されないと、南魚沼市、魚沼市、十日町市の地域医療の再構築がかなわないと・・・・・。フルオープンは知事任期中に必ずやる。そして、上越新幹線の新潟空港への乗り入れは、400億円を要し、新潟の活性化と言う面から効果が期待できないと力説される・・・・・・・。
 その他いろいろな課題や問題についても意見を聞くことができ、ぜひ年に一回はこういう形でできればと思たっし、米山知事もぜひにと話す。


●8月10日(木)「二市一町議会協議会総会」
 湯沢町長、南魚沼市長、魚沼市長、松原県議、皆川県議、長島代議士出席の中、今年度の総会が開催される。魚沼市は6月に市議会選挙が行われたので、協議会役員の変更について報告があり、29年度の要望項目、28年度・29年度の収支についての議事。
 総会に先立ち講演会が行われる。
   演題 : 「議員活動の基本を学ぶ」
   講師 : 廣瀬 和彦 氏 

 今年度の要望行動日は8月29日。要望活動は4班体制。
[PR]
by 2nezou | 2017-08-04 07:10 | 議員活動 | Comments(0)