<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
自民党大和支部役員会
      3月31日(土)18:00~

50周年記念事業について最終確認し準備に入る。
 
  期日:7月7日(土)
  会場:事業「さわらび」400人 13時~17時
     祝賀会「ホテルオカベ」150人 17時30分~20時

  <事業の概要>(敬称略)
     名称「ふるさと・魚沼の未来」
        ~自民党大和支部結党50周年記念大会」~
    
     ・オープニング   八海太鼓  よさこい「舞毘」 
     ・開会 支部長と県連会長あいさつ
     ・シンポジウム「ふるさと・魚沼の未来!」
       コーデネーター  エフエム雪国 山本局長
       参加者 泉田代議士 松原県議 林市長 小林雅子
     ・歌謡ショー
         葉月みなみ   TSUNEI
     ・記念講演 演題「東アジア情勢と日本」
              ~日本の再生は地方の元気から~
           講師 石破茂衆議院議員

  協賛金と参加者の集客について協議する。
    5月中に協賛金100万円と参加者については確定し、
    5月下旬に役員会を開催することで閉会する。





    
    
   

      


[PR]
by 2nezou | 2018-03-31 17:06 | 地域情報 | Comments(1)
一般質問   一般会計予算審議   議会最終日
●一般質問(3月6日、7日)
 15名の議員が市長と対峙する。
 6日に8人、7日に7人。
  新ごみ施設、観光戦略、教育、除雪・防災、市財政、原発、スキー場、
  婚活、交通安全、医療再編等々市長と相対す。激論をかわす場面もあった。

 7日の午後から、毎年裸押合い大祭の「お日待ち」(関係機関、団体が集まり反省会)が開催される。大祭委員長として出席するので11時から議会を休む。


●30年度一般会計予算審議(3月9日、12日、13日、14日)
 299億2千万円の審議をする。
 最初に市長が登壇し、299億円の提案理由説明をする。
 次いで、総務部長が自席にて概要説明をする。
  ここで、大綱質疑(全体にかかることを)
 そして、市民生活部長と総務部長が、歳入について説明する。
  歳入(市税、交付税、国・県支出金等)について質疑。
 歳出については、各款(議会費、総務費、民生費、衛生費、農林、商工費、土木費、
 消防費、教育費等)毎に、担当部長より説明を受け、各款ごとに質問する。

 一般会計予算審議最終日(14日)の採決で、修正動議が市民クラブより提出される。
 提案者 寺口議員、賛成者 佐藤・田中・梅沢議員。
 内容は、雪を活用(東京渋谷区と)した取り組み1500万円に対して、主旨には
 賛同するが、内容が精査されておらないと言う事で、1000万円減額の修正だ。

 私も提出者に質問する。12月の補正予算で雪を保存する予算に賛成しており、
 何故修正動を議出したのか不思議だと言う主旨で質問する。

 原案に賛成、修正案に賛成、原案修正案に反対の討論があり、
 修正案は賛成4で否決、原案は賛成多数で可決する。原案反対は4人であった。


●議会最終日(3月16日)
 午前は高校卒業式に市長出席のため午後よりの開会。
 昨日も市長、高校卒業式出席のため議会は休会。
 市長は卒業する高校生に訴えたいことがあり昨年より議会も同意する。

 各委員会に付託された、30年度特別会計予算を委員長の審査報告があり、
 国保、後期高齢者、城内病院、市民病院、下水道会計は全会一致で原案可決。
 介護保険と水道事業については共産党が反対するが賛成多数で可決。
 
 9つの議案と高速バスの発議は全会一致で可決するが、「働き方改革」に関する
 発議は賛成少数で否決される。
 
 昨年より10億円減額した予算だが、林市長色がでた予算と思った。
  ふるさと納税の使徒、新ごみ施設への想い、財政健全化、防災
  スキー種目別拠点、市民カフェの設置、看護師の奨学金等々



 
 
  

[PR]
by 2nezou | 2018-03-15 19:50 | Comments(1)