新ごみ処理施設について   自民党大和支部役員会
●8月29日(水)19:00~21:30
 私どもからの要請で、穴痔新田集会所において、大和地区議員7人と国際大学用地内におけるゴミ焼却施設建設反対の請願者6名と賛同者30数名と懇談会を行う。

 市は3月から関係集落を中心に19か所で話し合いを行い。国際大学に隣接する4集落で猛烈な反対を受けるる。一巡目で建設について、様々な不安や意見が出る。集落の不安や反対意見についての回答を持って、秋になったら2巡目の話し合いに行くと言っている中での、6月21日に市長、議長あてに4集落から署名(18歳以上で90%くらい)を添付して反対の請願書が出てくる。

 冒頭一番、条件を出して建設と言う議員は、今すぐ会場から出て行ってくださいの声にビックリする。話し合いの中で、市長の座談会等の意見や話を録音しておるとかの発言を複数回話す。

 1月中旬に、国際大学内に建設予定と聞いたとき、ほとんどの議員はなしのつぶてだった。何故かとか、6月中旬に、大和の議員に請願書の写しと共に建設反対の依頼をしたにもかかわらず、返答がなかった等々、一人一人の議員に問い迫る場面が多く、紳士的な話し合いでないなと感じた。

 講演会や先進地視察にもほとんど参加していないようだ。市では、2巡目でみなさんの声に対して具体的に回答しようとしているのに、代替地を持ってこなければ話し合いには出ないと強硬意見が多数を占めているように感じた。
 話し合いに応じないというのではなく、何回も何回も協議すべきだ。


●8月30日(木)18:30~
 自民党大和支部役員会を大崎「藤屋」さんで開催する。
 協議事項は、先の「大和支部50周年記念大会収支報告」と「参議院選挙について」
 収支報告は予定以上に寄付金が集まり、経費の削減に努力したので、各分会に4万円配分することができた。
 参議院選挙では、10月8日(月・体育の日)に塚田一郎先生の国会報告会を4か所で行うことを決定する。
f0019487_20042748.jpg

[PR]
# by 2nezou | 2018-08-28 18:24 | Comments(0)
新潟県市議会議員研修会
      8月28日(火)13:30~18:00

事例発表
 ・長岡市 日本酒で乾杯を推進する条例について
 ・上越市 議会改革のあゆみ

講演 「地方議会が地方を変える 地方から日本を変える」  
    講師:早稲田大学名誉教授 北川正恭 様
       1944生まれ 1972年三重県議会議員3期 
       1983年衆議院議員4期、1995年三重県知事2期

 ・議会の役割が根底から変わる。
   ~監視機能だけでなく、政策立案ができる。
 ・1993年に地方分権の決議が全会一致(分権国家推進法)
   ~中央集権から地方分権
 ・執行部の追認機関ではない。
 ・法律順守でなく。民意の反映~法律を直す。
 ・機関委任事務は全廃になる
 ・形式的な地方分権になっている。
 ・地方分権から地方創生
   ~地方創生は失敗だ。いつまでに計画を作れば補助金を出す。
                ~上から目線
 ・二元代表制の意義
   ~追認機関を改める。
 ・議員活動と議会活動の違い~チーム議会
 ・議長の役割~議長の交替!
 ・議会事務局が重要

 議会改革を進めようとしたが、なかなか進まなかった。今日の講演を契機に取り組むことが大切だ。まずはクラブ内で充分議論し、他の会派に呼び掛ける。
f0019487_10274649.jpg
f0019487_10281291.jpg
   

[PR]
# by 2nezou | 2018-08-28 09:43 | Comments(1)
診療所開院式    長島代議士を偲んで
●8月24日(金)萌気園あやめ診療所開院式9:00~
 「生活サポート外来」と言う聞きなれない診療科目が浦佐に開院する。柿原先生の専門は産業医学と小児科。乳幼児から成人まで医学的に明確な診断はつかないものの、様々の心身の不調で悩んでいる方々の日常生活をペアレントトレーニング、リハビリ、投薬等を組み合わせて援助します。
 先生は長らくインドの難民部落の医療支援しており、その経験から、日本と海外の若者の交流が日本の将来に大切と考えています。
 開院式には、南雲教育長、基幹病院内山院長先生、市の関係者等大勢の皆さんがお祝いに来る。


 <クラブ会>15:30~17:00
 午後から9月3日から21日まで開催の9月議会の運営について委員会が開かれ、その9月議会対応についてクラブ会が開催される。
 付議事件の概略、一般質問の取り扱い、請願陳情の取り扱い等について報告を受け勉強する。9月は決算議会とも言われ会期は19日間と長い。


●8月25日(土)長島代議士を偲ぶ会
 早いもので代議士が亡くなり1年が過ぎた。代議士の仏前をお参りし長島代議士を偲んだ。
f0019487_09410547.jpg
 

[PR]
# by 2nezou | 2018-08-24 09:01 | Comments(0)
南魚沼市郷土史編纂委員会   大和地区ごみ施設勉強会
●8月20日(月)南魚沼市郷土史編纂委員会13:30~16:00
 郷土史編纂委員は8人。市長、教育長も出席し開会する。
 平成22年、23年と委員になっており、今回委員となり、改めて郷土史発刊の遅れは問題だ。
 六日町町史「民族」と「通史編第1巻」と大和町史「近世」と「近現代」の4冊が遅れている。計画を見直し27年度に発刊が、通史編第1巻と大和町の近世が今年度に発刊になるが、民族と近現代は来年度発刊。市は郷土史編纂室は今年まで、予算も繰り越しで対応する。
 
 市の力は文化力とも言われており、歴史や文化財を保存発展させることは大切だ。空校舎等を利用し、古文書や歴史的な文書や公文書等を保存することが急務ではないか。一週間に一回は問い合わせがあるようだし、個人の家に古文書、古い日記等があるが、それが価値あるものだか分からない。そして、各戸では保存できないので焼却する。歴史的文書を保存する施設を検討する。

 午前に大和町史「近現代部会」の先生の聞き取り調査に召集される。浦佐スキー場の件で2時間ほど聞かれる。浦佐屋さんと多聞荘さんがいろいろと話す。


●8月21日(火)新ごみ処理施設勉強会14:00~16:00
 三集落の区長さんと四集落の各代表名で大和地区議員に「ごみ処理施設建設反対」に尽力いただきたい旨の文書をいただいておりその対応について勉強会を行う。担当部長と大和センター長からも出席いただく。
 7名の議員活発に意見交換する。建設されたごみ処理施設は、ほとんど建設周辺住民からは必ずと言っていいほど反対が出るようだ……。市は稲刈りが終わった10月中旬から2巡目の集落説明会に出る計画。さまざまな意見がでた……、いろいろあるが、全員で反対の代表者と会うことにする。その時の座長を私にと言う事になる。
 期日は、8月29日(水)19時から八色原のセンターで開催することに連絡がとれた。





 

[PR]
# by 2nezou | 2018-08-20 10:26 | Comments(0)
魚沼基幹病院との意見交換会   新ごみ処理施設に関する講演会
●8月17日(金)魚沼基幹病院との意見交換会15:00~17:00
 基幹病院稼働して4年目。当初計画では、開院3年目(平成29年度)には全面稼働し、30年度には単年度黒字化にするとしていたが、29年度決算は約4億8千万円の赤字の見通し。現在は、9病棟454床の内308床の稼働で134床が空いている。そして、4月から循環器内科の医師が引き上げた。来年度から地域包括ケア病棟を導入する。全面稼働は4年後の平成34年度、32年度から黒字化を見込むと新たな計画を立てた。

 荒川理事長、内山病院長、看護部長、事務部長と病院のトップが最初から最後まで出席し議員の質問に答えた。
 荒川理事長、内山院長先生から、基幹病院の理念、現状のと将来の方向について話す。橋口事務部長からスライドにより①医療再編②診療機能③人材確保をテーマに話す。
 意見交換では、時間がオーバーする。特に「医師・看護師不足」の件、何故「地域包括ケア病棟」なのか、全稼働になるのか、米ネット等々……。

 基幹病院の件については、多くの議員が毎回の議会で取り上げており、現状を把握しなくてはと思ったし、病院側も現状を正しく知っていただきたいと思惑が一致し今回の会となった。市政クラブが政務活動と重なり全員参加とならなかったが意義ある意見交換会となった。そして終了後の「葡萄の花」での懇談会にも荒川理事長、内山院長先生も出席され、さらに内容を深めることができた。基幹病院の関次長さとは年に最低一回はこういう会が必要ですねと確認する。
     
   ●基幹病の屋上ヘリポート(年に40回使用)から八海山を望む
f0019487_10090850.jpg

●8月19日(日)新ごみ処理施設に関する講演会19:00~21:00
 

 ①演題「最近のごみ処理施設整備事業について」
   講師:一般財団法人 日本環境衛生センター
      東日本支局 環境事業本部 課長 池本久利 様

 ②演題「近年のごみ焼却施設の動向と今後のあり方」
   講師:長岡技術科学大学 大学院工学研究科
      資源エネルギー循環研究室 准教授 姫野修司 様

 ごみ処理施設の歴史を聞き、建設周辺住民との軋轢や迷惑施設から歓迎される施設になっているのか、日本国内の多くの事例は大変参考になった。

 さわらびを会場に開催されたが、建設予定周辺集落のみなさんの参加が少なく、もったいない講演会であったなと思った。
f0019487_10092269.jpg
 


 
 

[PR]
# by 2nezou | 2018-08-17 08:25 | Comments(0)
議員合同研修会    議会全員協議会  議会協議会総会
●8月6日(月)中越地区市議会合同議員研修会
 中越地区に10の市議会があり、持ち回りで開催している。昨年は十日町市で今年は見附市。見附市は、私が社会人としてスタートしたのが見附の葛巻農協で、見附市の市街地は一変した。市役所をはじめ中心が葛巻管内に来た。葛巻農協で勤務したのはもう50年前か、3月3日の裸押合大祭には今でも葛巻管内の農家の皆さんが我が家に来る。
 
 「ニイガタ女子が見た食と農」と題して、地域活性化モデル・第3代新潟県元気大使、今井美穂様からご講演をいただく。今井さんは地元見附市の出身。グルメマラソンや雪まつり等で南魚沼市にも何回も来ていただいている。
 南魚沼市にも女性の目線でと言う事で「女子力」が活躍しており、女性がいきいきと元気に活動し地域が変わって行く多くの事例を紹介していただき大変参考になった。会員を限定せずどんどん増やしているのはいいな……。元気でおしゃまな家の「桜子」などお似合いかなと思った。
f0019487_11281803.jpg
f0019487_11294816.jpg

●8月9日(木)議会全員協議会
 今回の議会全員協議会は、議会から開催を申し出ての開催。
 議案は①南魚沼市まちづくり推進機構(ムムド)について ②新ごみ処理施設の進捗状況について。ムムドの件で多くの意見が出、終わったのが18時。
 昨年の4月17日に移住定住、企業創業、CCRCを推進する「一般社団法人・南魚沼市まちづくり推進機構(愛称MMDO)」が発足し、5月15日に「さわらび」で法人紹介とキックオフセミナーを開催、7月11日に第1回社員総会を開催し、ようやく1年が経過したばかり。
 リーダー塾や移住定住等で良くやっていたし、これからという時にムムドのトップが退任した。人口減少が進む中で、ムムドの活動に期待していた。もう少し何とかならなかったのだろうかと言うのが率直の気持ちだ。
 各種規定等の整備が充分でなく、その結果、会議費、旅費交通費、交際費等で使途に問題が生じた。意図的に会計操作したり、1円たりとも着服したのであれば余地はないが、事務的なことから発生したようであるから、これからの事を考えれば退任までしなくても良かったのではないか。

 新ごみ処理施設については、集落説明会の状況や現地視察の状況についてと、6月21日に建設予定地周辺の4集落449人の建設反対の請願が出され、今後の取組について考えを聞く。
 反対の意見は①安全性②交通量③八色ブランドへの影響。
 二回目の集落説明会は稲刈りが終わってから行い、一回目で出てきた問題について回答も含めて丁寧に話し合いをする。

 建設が1年遅れても理解いただくまで話し合いを行うことが大切だ。議長あてにも建設反対の請願が出ているわけだから、議会としても対応をしなくてはならない。


●8月10日(金)二市一町議会議員協議会総会
 湯沢東映ホテルを会場に、南魚沼市、魚沼市、湯沢町の議会で構成し主な活動は、国県への要望活動。昨年は4班に分かれて、国交省、新潟県、JR等への要望活動。
 今年の要望項目も含めて今年度の計画と予算が承認される。
 来賓は泉田代議士、皆川県議、松原県議、石坂県議、佐藤市長、田村町長、岡村副市長。

<今年度の要望>
  ①新三国トンネルの早期完成と国道17号の改修
  ②除雪業務を評価の加算に
  ③国道17号浦佐、六日町バイバスおよび上沼道の整備促進
  ④上越新幹線の新潟空港への延伸
  ⑤上越線、只見線の円滑な運行
  ⑥地域医療、介護を守るための支援
  ⑦屋根融雪等の経費を雑損控除に
  ⑧森林環境譲与税に私有林も
f0019487_14104959.jpg

[PR]
# by 2nezou | 2018-08-06 11:06 | Comments(0)
会派研修会(1)   会派研修会(2)
<会派合同研修会>

●7月30日(月)新潟県南魚沼地域振興局
  企画振興部、地域整備部、農林振興部の平成30年度事業概要について各部長、各課長より説明を受ける。南魚沼市より産業振興部長、建設部長も出席する。
 企画振興部はハード、ソフトで毎年53百万円程度の予算があり、地域課題地域要望により事業執行している。今年の事業で、国際大学と連携して、国際おにぎりフェスタ事業を。北里大学保健衛生専門学院と連携して、サツマイモ消費拡大事業を。
 地域整備部は年間40億円の予算で、道路、歩道、河川・砂防、雪崩事業を行っており、予算はひところの半分以下になっておる。①安全安心に暮らせるための整備。②魅力と賑わいのまちづくり。③地域を支える建設産業の振興。県は三本柱を基本に事業展開している。近年、自然災害が多発している一方で、建設産業から人離れが深刻化している。災害復旧、冬期間の除雪などの担い手確保は喫緊の課題だ。
 農林振興部は、コシヒカリが昨年特AからAにさがり、至上命題として「特A」復帰。それに伴い、猛暑による干ばつ被害が水田にも発生しておりその対応について多くの質問がでる。そして、園芸品目の拡大だ。格言である「山が荒れれば里もあれる」治山事業も昨今の災害では見直さなくてはならない。黒沢川の堰堤も治山事業で実施。


●8月1日(火)南魚沼警察署
 署長、副署長、警務、生活、地域、刑事、交通、警備課長より管内の状況を資料により説明を受ける。
 署長の開会の挨拶。「南魚沼市は①治安は決して良くない②飲酒による検挙率は県下ワースト2。1は湯沢町。③2020オリンピック選手の外国選手の、セキリテーは警察はむずかしい(東京の対応)ので市で対応。」
 虐待、いじめ、ストーカー、少年犯罪、少年補導、地域巡回、山岳遭難、刑法犯、犯罪検挙、交通事故、酒気帯び運転、高齢者の事故、国際テロ(爆発物材料)と各課長より。最後に映像で特殊詐欺についてと管内で発生した詐欺について研修を受ける。

 改事件や事故、詐欺は他人事と思っている方が多いと思うが、本当に身近で起こっている。改めて警察のみなさんの活動で治安が保たれ、安心安全で暮らしていると実感する。
 何かが起こったら、全体に一人で抱え込まないことが大切だ。まずは家族に、そして市や警察に相談する事です。







[PR]
# by 2nezou | 2018-07-30 08:52 | Comments(0)
第1回ゆきぐに大和病院構想検討委員会
       7月28日(土)14:30~16:30

 大和病院は築40年が経過しており、エネルギー棟を中心に補修補修をしながら診療しており、井口前市長は、改修新築も含め」在職中に方向を出すと言っていたが今日に至る。ようやくそれらしきものが動き始めた。市民病院の田部井院長先生は、昨年から大和病院の新改築を熱く語っていた……。
 本委員会の位置づけは、宮永病院事業管理者の諮問委員会で、大和病院のあり方をまとめ、市に設立要望書を提出するための会。
 メンバーは議員、病院事業運営委員、南魚福祉会、JA、市民、教育委員会、福祉保健部、病院と16名。事務局は市民病院、大和病院、市と6名の体制。
 会議は2カ月に1回程度の頻度で開催し、今年度中にまとめる計画のようだ。

 魚沼地域の病院の現状を宮永管理者が、市立病院吟群の経営状況および患者数について事務局から説明を受ける。

 委員からは、魚沼基幹病院、どういう主旨の会なのか、市長はこの会についてどう考えているのか、二つの病院は市の財政を圧迫するのでは等々の質問が出る。

 市長と協議しこの会を立ち上げたし、二つの病院に分かれたことで市内全域をみられる体制になったし、29年度大和病院は黒字になったと・・・・・。

 次回の開催は9月下旬ごろで、夜の開催にと言う事で散会する。


<長岡農業高校南魚支部同窓会>16:00~
 ホテル坂戸城で開催されたが、16時からの総会は出席できず、懇親会もはじまっていた。
 南魚の会長に中俣さんが勇退し、大和の小倉一朗氏が就任する。
 高校から校長先生をはじめ5人来る。
 今年秋には創立110周年記念事業が開催され、寄付金もわが支部は目標に行ったようだ。



[PR]
# by 2nezou | 2018-07-28 10:51 | Comments(0)
松原県議「公共要望会」
       7月27日(金)9:30~16:00

 大和地区の公共要望会が「働く婦人の家」で開催される。昨年は半日で大和地区を開催したため時間が少なかった。今年は午前が浦佐と薮神地区。午後が大崎と東地区という日程で開催される。
 浦佐からは、田町区(スキー場と県道補修)、富町区(うるし沢川の改修)、境川区(八色駅交通安全)、町屋区(入りの沢川)、新町区(魚の川ひ間)、天王町区(県道、防犯灯)、岩山区(排水)、西山協議会(県道補修)が参加し、松原県議に要望する。特に現地を見てもらいたいと要請した行政区もあり後日松原事務所と日程調整する。
f0019487_10455106.jpg
f0019487_10460091.jpg

[PR]
# by 2nezou | 2018-07-27 15:05 | Comments(1)
第66回自由民主党新潟県支部連合会大会
       7月14日(土)

 大和から7名の代議員が代表で参加する。
 先の県知事選挙で勝利したから、意気上がる大会でいいと思ったが、今一つ覇気が無かった用に思ったのは自分だけであったろうか……。
 中央(自民党本部)から来た、竹下総務会長のはなしも、パンチが欲しかった。
  ・西日本災害は、いつ日本のどこで起きてもおかしくない
  ・今、政局は毎日が天王山
  ・我々は政権与党。議論して実行する。そして、責任をとる。
  ・拉致の問題は、光が見えるかも知れない。
  ・国会が終わると9月に総裁選。8月20日頃には総裁選挙の日程を決める。
  ・今は、西日本の復興だ。

 花角新知事もあいさつする。
   ・災害に強い県土作り
   ・医療、介護の充実
   ・やろうとする人を応援する
   ・県の魅力を発信する 

 来年の統一地方選挙選挙を勝利するための、第1次公認が決まる。
 松原県議が公認され、来年の選挙は三つ巴で、4年前と同じ激しい戦いになる。 
 そして、7月には県連会長の参議院選挙だ。
f0019487_16184867.jpg



[PR]
# by 2nezou | 2018-07-14 16:21 | Comments(1)