自民党大和支部50年事業打ち合わせ   中学生海外派遣報告会
      12月1日(金)

 大和支部幹事長(小澤議長)と事務局長(清塚議員)の3人で、自民党県連本部に行く。3人とも県連本部は初めて。小林事務局長が待っていてくれた。

 自民党大和支部は来年結党50年を迎えるので、定期大会とは別の日に記念事業を行うことになっており、開催時期や記念講演の講師の相談に行く。

 時期は、県連や市の事業の確認をし、7月7日(土)を候補とする。会場も新潟から「さわらび」を抑える。記念講演の講師候補に、前自民党幹事長石破茂氏を。

 3人で新幹線の中や居酒屋で大まかな内容について協議する。オープニングは、太鼓とダンスで、記念式典的なものはやらない方向…。1部のリレートークは、県知事、市長、県議等でどうか、冠の名前は「自民党大和支部50年記念事業」と言う名称でない方向で。記念講演と1部の間に「歌謡ショー」を、地元の葉月みなみ、TTUNEI。
経費は、会場400人満杯になるか、50年記念事業のキャッチフレーズを募集するか、祝賀会の会場「ホテルオカベ」仮予約が入っていた等々。

 自民党大和支部役員会を12月26日(火)に開催することにする。

●12月2日(土)9:30~11:30
<29年度南魚沼市中学生海外派遣事業帰国報告会>
 今回で10回目の海外派遣事業。8月21日~28日の8日間。21日湯沢に集まるが、台風の影響で1日遅れとなる。
 20人の参加者(1名大会で欠)一人一人が感想を述べる。その報告から、日本では学べばない多くのものを学んで来たようだ。
 相変わらず「赤坂節」は健在だ。語学の勉強に行くんでない。観光が目的でない。これから中学生が大人になり、地球上で生きるうえで、大切なものを学んで来たはずだ……。このように明確には、話さなかったが、まさにそういっているのです。今回初めて多くの同僚(市会議員)が参加し、この派遣偉事業の意義が分かってくれたと思う。議場でもなぜ毎年アメリカのオレゴンなのかという質問がでているが、その事にも回答が出たと思う。
 報告会が終わっても、赤坂さんのまわりは中学生で一杯。中学生に開放され、レストラン葡萄の花で昼食をとり新幹線で帰る。
   
     ●添乗員「キャピトル航空 赤坂さん」
f0019487_17151768.jpg



[PR]
# by 2nezou | 2017-12-01 16:07 | Comments(0)
泉田代議士後援会設立について     
          11月30日(木)9:00~11:00

 いろいろあったし、今もあるけれど、私どもの窓口は、長島先生から泉田代議士になったわけだから、早く後援会作るのは大切なことだと思っていた。
 
 しかし、ここにきて私は急いで後援会作らなくてもいいのではないかと思うようになった。
それは、長島先生の秘書を一人も入れないことへの反発かも……。地元の要望を聞き、いい仕事をするには秘書があっての代議士だ。秘書の方には、泉田さんのためでなくていいから、私ども5区のためにお願いしたいと強力にお願いもした。
 泉田代議士本人には、全員の方が、長島先生の時の秘書が入ることを望んでおり、県議会の先生方や選挙の時の責任者をした井口前市長がお願いしてもかなわない。

 松原県議事務所に保守系議員が集まり協議する。
 当初は12月15日に後援会発足に向けての会になる予定であったが、「泉田代議士との懇談会」という形式で集まることにした。

 当選後一ヶ月が経過したのに、地元長岡事務所はもとより、東京事務所も機能していなく異常事態。陳情や要望は塚田先生のところに行っているという。
 長島先生の後継で、即戦力・現場主義を掲げ当選したが、いまだ当選御礼も無いともっぱらの話しだ。
 泉田氏を担ぎあげた、星野県会議員も今回の秘書のごたごたにはさじを投げたようだ……。

 私は、政治家知事と政治家代議士は、全く違うという事がわかっていないんではないかと思うこのごろ。性格は変わることは無いから、長島先生と同じだと期待する方がまちっがていたのかもしれない。泉田代議士は泉田流で行くんだろうと思うと、そんなに腹が立たなくなる。長島先生とは生い立ちも性格も違うんだから、長島先生と同じにと思う我々の方に無理があったんだ。
 そう思ったら残念だがすっきりした……。




[PR]
# by 2nezou | 2017-11-30 15:21 | 議員活動 | Comments(0)
中国駐新潟総領事表敬訪問     黒沢現地巡回
        11月29日(水) 

 南魚沼市議会新体制となり、孫総領事に表敬訪問のため新潟総領事館を訪れる。訪問メンバーは小澤議長、塩谷副議長、黒滝、阿部、関各議員と議会事務局長。
 昼食を共(孫総領事、季副総領事、蒋領事、池領事)にし、今日未朝に北朝鮮が発射したミサイル問題から、尖閣湾諸島、アメリカの話題等も意見交換し大変有意義となる。
 人口14億人、昔から長い歴史で繋がっておる中国抜きでは、日本の経済や将来は考えられないほどになっている。来年は日中40年の節目の年でもあり、再び中国を訪問しようと言う事になる。平成27年の6月27日~7月1日の5日間湖南省の張家界市と常徳市(2代目総領事何平さんの出身地)を訪問しており、孫総領事の故郷を訪れ(農業、経済、政治等)ようと、今回は北京にも行きたい。
 日本と中国は国の体制が違いアメリカのような関係にはならないが、民間や地方のレベルで交流することは国同士の連携・友好には大きなプラスになる。
f0019487_20425818.jpg
f0019487_20430985.jpg

 
●11月28日<黒沢現地巡回> 23年新潟福島豪雨で土砂災害で人家の浸水という大災害を発生させた「黒沢」に、今年春から進めてきた2基の堰堤工事がほぼ完了し、県の検査に立ち会う。この黒沢、今年の7.18豪雨で土砂が発生し、翌日の19日に故長島代議士が現地に来、この程度の豪雨で土砂が発生しているので、今回の工事の見直しも含めて検討する必要があるの指導で、県は急きょ動き、来年さらに堰堤を増設することにした。来年できる堰堤に故長島代議士の名前を付けたい。
f0019487_21015237.jpg
 数日前から工事をしていなくても濁り水が出ており、黒沢の源流近くで新たな山肌の土砂が崩れ黒沢に流れていると報告をいただいており、県の職員の方と二人でその場所まで歩くこと30分。
f0019487_21021950.jpg
    ●魚沼基幹病院駐車場から「八海山と駒ヶ岳」を写す(16:50)
f0019487_21040178.jpg

[PR]
# by 2nezou | 2017-11-29 21:05 | 議員活動 | Comments(0)
長島代議士を支援する議員の会解散総会
     11月26日(日)

誰が今日の解散を予測していただろうか。
26年11月25日に長岡で発足し、27年春に南魚沼市(ホテルグリーンプラザ上越)秋は魚沼市(ウオシン)28年春は千谷市(グリーンパーク)秋は各議会ごとで代議士と懇談会。29年春は長岡市(ホテルニューオオタニ)秋は湯沢町と決まっており、まさか解散を発する総会になるとは!

田村町長の挨拶もいただき、代議士の奥さんからの挨拶は目頭が熱くなる。亡くなり3カ月。長島が居ないと言う事を受け入れなかったが、先日国会で長島の追悼演説を聞きようやく長島はこの世にいないと言う事を受け入れることができたと話された・・・・・・。本当に私どもも悔しいがもうそれを言っても始まらない。

解散は決議され、残金は全額会員に返えすことに。
今後どうするかと言う事で、丸山議長(会の会長で長岡市議会議長)は各議会一人づつ指名し意見をいただく。
 長島代議士の後継である泉田氏を育てるためにもお願いしたいと言う意見と我が小澤議長は議会に持ち帰り今後のあり方については検討したいと。

 私は副会長をしており、乾杯の発声で、長島先生だからこそ60人もの議員が会員となった。とても今の段階で泉田代議士を支援する会を作ることは考えられないし無理だ。数年様子をみてからでも遅くない。しかし、長島先生のおかげで、こうして議会を超えて議員同士が連携し勉強してきた。この連携を続けることが、長島政治であったのだと思うし、天国でもそれを願っていると思うと乾杯する。
f0019487_22051016.jpg
f0019487_22161953.jpg

[PR]
# by 2nezou | 2017-11-27 21:55 | 議員活動 | Comments(0)
クラブ会~議員報酬について
        11月24日(金)
 
 今日は午後から議会運営委員会が開催され、その後に会派代表者会議が開催される。
 議運と会派代表者会議に我がクラブからは、クラブ長の清塚議員と幹事長の塩川議員が委員で出席。
 16時より、その報告を受ける。12月議会は4日から15日までの12日間。議員改選後初の定例議会。12月議会提出議案について総務部長より概要説明を受ける。
 
 勝又議員の会派移動について 
   新人議員でもなく、会派については充分承知していながら、改選後(一人会派から歩む会に)
   一ヶ月も経たないうちに移動とはおかしいし受け入れる方も慎重に考えるべきだ。
   会派の離脱等は考えられることだが、今までにもあり、一定のルールを作るのでなく、
   その時々により協議すべきと意見を言う。
 議員報酬について
   報酬審議会から5千円アップの30万5千円が答申され、そのまま本議会に提案される。
   林市長も常々、議員報酬は低いと言っている。議会と協議が無いまま議員報酬を議題とするのはおかしい。今回は取り下げをするべきだ。

   私の考えは下記のとおりです。
<平成27年8月に私(議長在任中)が提出した意見>

 今回「特別職報酬等審議会」から、議員にアンケートを実施いただき感謝申し上げます。議員の活動の実態を知り、これからの審議に活かしていただければと思います。

 調査票1の、問5の設問は、私は議員手帳の予定表から書き出しました。予定表以外に、議員との打ち合わせや議員や町民との電話での相談等が多くあります。又、私事の用であっても、色々と相談されることがあります。まさに365日です。

議員報酬を議論するときに、諸外国の例や日当制が引き合いに出ますが、日本の地方議会の活動・守備範囲は、外国とは比較にならないほど幅広い。議員は、行政を監視し行政サービスの質向上を図る責任があり、365日・年中無休の職業と言っても過言でありません。

(意見)

 議員報酬、現行の299,000円から382,000円に。

(理由)

 (1)現行の報酬では、若い人たち(30代~40代)が、専業の議員として出れない。現状では兼業か、家で事業を行っている人でなければ難しい。

 (2)せめて、全国市議会の平均の報酬を。

    ・全国平均は414,000円、人口規模510万人が382,000円。5万人未満でも当市議会よりも高く324,000千円。

 (3)新潟県20市の平均は、338,000円。新潟県は全国と比べて全体的に低い

です。

  南魚沼市が合併して10年、行政も大きく変わってきている。今、議会も議会活性化、議会改革に向けて取り組んでいる。

議員報酬、対市長比率35%が算出の基の様ですが、議員は市長の35%しか仕事しないという事でしょうか。議員には退職金が無いことも考慮して、まずは人並みの報酬をお願いいたします。

全国の調査によれば、50歳未満の議員は17.3%、60歳以上の議員は56.2%。このことは、指摘されているように、報酬が低いため60代以下の若い世代が、仕事を辞めて議会に飛び込もうとはしない。なぜなら、若い世代が議員報酬のみで生計を立てることは難しいからです。この状況を打開するためにも、議員報酬の問題は大切だ。

 もし譲るのであれば、今回4名の議員削減がありました。削減した報酬額を22名に配分すると言う提案です。120万円(一ヶ月の4名分)を22で除すと54,545円です。5万円アップの35万円です。それでも同規模の市の平均よりも少ないのです。

 



[PR]
# by 2nezou | 2017-11-27 21:09 | 議員活動 | Comments(0)
松原県議県政報告
       11月23日(木・勤労感謝の日)

 松原県議の県政報告会が六日町ホテル「越路荘」にて開催される。
 「元田中角栄首相の秘書であった古藤昇司氏」の特別講演がある。
 84歳と言うが約1時間疲れも見せづ話す。   
・今は転換期   
・戦前から戦後、そして現在の政治を語る   
・アメリカ、中国、北朝鮮問題   
・今なぜ、田中政治なのか 
松原県議市政報告   
・塩沢商工土木系学科の創設   
・湯沢町における民泊のあり方  
 ・県立看護学校と北里大学保健衛生専門学校   
・こども医療費   
・農業問題
f0019487_12411471.jpg
<白山神社新嘗祭>10:00~
新嘗祭とは、古くから天皇がその年に収穫された新米や新酒を神様にお供えし、農作物の恵みに感謝し、自らも食す儀式。
 白山神社で新嘗祭が執り行われる。
 今年の豊作に感謝し、五穀豊穣を祝う。
 それが終わると、家で「秋ごと」を行う。
f0019487_13212232.jpg

[PR]
# by 2nezou | 2017-11-25 12:59 | 議員活動 | Comments(0)
松原県議県政報告
       11月23日(木・勤労感謝の日)

 松原県議の県政報告会が六日町ホテル「越路荘」にて開催される。
 「元田中角栄首相の秘書であった古藤昇司氏」の特別講演がある。
 84歳と言うが約1時間疲れも見せづ話す。   ・今は転換期   ・戦前から戦後、そして現在の政治を語る   ・アメリカ、中国、北朝鮮問題   ・今なぜ、田中政治なのか 松原県議市政報告   ・塩沢商工土木系学科の創設   ・湯沢町における民泊のあり方   ・県立看護学校と北里大学保健衛生専門学校   ・こども医療費   ・農業問題
[#IMAGE|f0019487_12420328.jpg|201711/25/87/|mid|400|300
[PR]
# by 2nezou | 2017-11-25 12:59 | 議員活動 | Comments(0)
松原県議県政報告
       11月23日(木・勤労感謝の日)

 松原県議の県政報告会が六日町ホテル「越路荘」にて開催される。
 「元田中角栄首相の秘書であった古藤昇司氏」の特別講演がある。
 84歳と言うが約1時間疲れも見せづ話す。   ・今は転換期   ・戦前から戦後、そして現在の政治を語る   ・アメリカ、中国、北朝鮮問題   ・今なぜ、田中政治なのか 松原県議市政報告   ・塩沢商工土木系学科の創設   ・湯沢町における民泊のあり方   ・県立看護学校と北里大学保健衛生専門学校   ・こども医療費   ・農業問題
[#IMAGE|f0019487_12420328.jpg|201711/25/87/|mid|400|300
[PR]
# by 2nezou | 2017-11-25 12:59 | 議員活動 | Comments(0)
NPO湯沢砂防研修会     塩沢商工会観光部
             11月21日(火)

 雪が降り現地視察が懸念されたが、「大源太川砂防堰堤」の補強工事を視察。
 昭和10年に未曽有の豪雨により、山崩れを伴う大氾濫が発生し、魚の川流域59集落、600haに及ぶ田畑とともに潅水、濁流の太湖と化した災害を契機に、国直轄砂防事業が着手され、特に荒廃していた大源太川において、基幹堰堤である大源太川1号堰堤をはじめ、3基の砂防堰堤が作られた。
 13年5月の着工から1年半後には竣工した全国でも最も初期のアーチ式砂防堰堤。

 この堰堤、平成15年に「登録有形文化財」に登録され、平成23年には、土木学会による「選奨土木遺産」に「認定されるなど、歴史的文化的価値が高い。
 この1号砂防堰堤が老朽化し、危険な状況が確認され、事業費18億円、平成26年~32年の工期で工事が始まる。

     ●自然環境や地域住民の生活に配慮し工事が行われている。
f0019487_1735980.jpg

f0019487_17353233.jpg

f0019487_1735444.jpg


<塩沢商工会観光部研修>10:30~12:30
 
20名の方が研修に訪れる。
 通常は観ることができない毘沙門堂山門2階を案内する。
 この山門は、平成9年に当時の大和町に文化財として指定されており、この山門がにわかにクローズアップされた。
 平成21年に江戸幕府御用絵師板谷家から1万点ほどの文書が東京国立博物館に寄贈され、その中に、山門の「天女の板絵」の下絵と思われるものがあり、25年8月28日に東京国立博物館から9名の方が調査に来られ、その報告書が昨年春に届く。
 山門2階にの天上には、板谷桂舟が描いた「天女」の絵が23枚と側面には十六羅漢の修業と釈迦の出山の図が描かれている。正面には、仏師京谷政五郎、六郎ェ門満昭の作の毘沙門天28使者が祀られている。(28使者が祀られているのは日本で、奈良県の信貴山と当山のみ)そして、9代長岡藩主牧野忠精(雨龍の殿様)が描いた「龍」の彫り物がある。

 この山門は浦佐の若松屋(関市四郎)が私財を投じて天保2年(1831年)に建てた。棟梁は宮大工の内藤藤蔵(二日町)。

   ●毘沙門天「ご開帳お経」で毘沙門天を参拝する。方丈様より案内いただく

[PR]
# by 2nezou | 2017-11-21 17:12 | 議員活動 | Comments(0)
関常幸後援会忘年会      毘沙門とおりまちづくり会議
●11月19日(日)<後援会の忘年会>「大門 寿多屋」さん17:00~19:30
 予定を上回る大勢の方から参加いただく。
 北村後援会長より、今回の市議会選挙をふりかえり挨拶がある。次いで私から皆様に感謝とお礼を。そして、12年前の初心に戻り、ここ「毘沙門様を核としたまちづくり」・浦佐川西の活性化に皆さんと更なる汗を掻きましょうと挨拶する。責任者の賢三氏と選対長の桜井氏からも挨拶があり、本家の佐太郎から乾杯があり忘年会がスタートする。
 今年は選挙と言う大事業があり、和気合いあいのうちに会はすすむ。

 11月7日の改選後の初議会での議長人事等を報告する。そして、ふるさと納税で3億円を突破したことも。

●11月20日(月)<まちづくり会議>お国じまん会館にて9:00~12:00
 毘沙門通りの「空き家」の活用について協議する。
 参加者は、物件の持ち主・東京から3人、地域づくり協議会3人、市職員2人。
 これまでも数回の会議を重ねている。今日は大筋で合意を得る。
 この空き家は、毘沙門様の正面に位置し、住んでいたおばあちゃん(故人)も、まちづくりワークショップに参加し、我が家が活用できるようであればどうぞと、口癖のように言っていた。今それが実現に向けて一歩進むことに感動している・・・・・。
 空き家の利活用案が示され、スケジュールも確認し、賃貸の関係、市の関わり等も確認する。今日の協議に基づき提案書が作成される。
 大きな課題は、誰が核となって運営するのかであり、私は、地元の人間でない方が良いと話す。
 地元の人間は、浦佐の良いところが分からないし、地元の感覚で運営するのでなく、町おこしの成功の秘訣は「よそもの・わかもの・ばかもの」の参加だと言われている・・・・・・・・。












 




 

 
          
[PR]
# by 2nezou | 2017-11-19 16:28 | 議員活動 | Comments(0)