人気ブログランキング | 話題のタグを見る
桜井・長島代議士来る!
     2月5日(日)大崎農業会館16:30~18:00

 第38回自由民主党大和支部定期大会が開催される。今までは委任状出席で、初めて参加する。
 支部長種村県議の開会挨拶に続き、国会議員の桜井・長島先生、斉藤県議、新潟県第5選挙区支部長米山隆一氏、井口市長、松原議長の皆さんより、来賓の挨拶をいただく。
 国会情勢も含め、話を楽々聞きたかったが時間の関係で残念……。
 今年度の活動方針、大会決議がなされ大会は閉じる。
 選挙でお世話になった多くの人に会えて良かった。

 戦後日本をリードしてき、政権政党である自由民主党の責務は重いと感じた。初心忘れることなく、市民の目線で議員活動をする。
# by 2nezou | 2006-02-10 19:15 | 議員活動 | Comments(0)
毘沙門天十月会総会
    2月4日(土)普光寺にて16:00~19:00

 この会は平成10年10月(66年ぶり)に、住職一代一回の「秘仏毘沙門天ご開帳」の奉仕者でスタートしており平成11年に誕生した会で、今では誰でも加入できる会です。
 関新一会長は①毘沙門天・普光寺を勉強しよう。②お護摩には大勢の人たちがお参りに来よう。③押し合い祭りが、国の無形民俗文化財に指定されたのは、多聞青年団が伝統ある祭りを継承しているから。我々十月会は多聞青年団の応援団である。そして、地域活性化のために会を盛り上げようと、よく話します。
 総会は30分で終わり、今年の青年団・最高幹部も参加し盛会の内に二部も終了しました。
# by 2nezou | 2006-02-10 18:44 | 地域情報 | Comments(0)
有限会社設立に向けて、節分祭に参加して
     2月3日(金)13:30~17:00

 37間続いた生産組織「浦佐構造改善組合」が実質幕を閉じる。
今日は会社設立準備会。出資金500万円、構成員30人集められるか等々協議する。
会社の役員は、会社の名前は……。
 2/16に会議をする事とし、それまでに準備員(組合役員)7名で、有限会社設立の同意書をもらうこととして散会する。

     
 午後7時より、八海山社務所にて「節分祭豆まき」に案内頂き始めて参加する。
一週間の寒行を終えた白装束の信者の皆さん、25歳・33歳・42歳の厄年の皆さんに混じり
私どもも神妙にご祈祷を受けました。
 豆まきが始まる午後8時頃になると、近隣近郷から善男・善女、老若男女が社務所内に入りきれず外まで一杯になる。太鼓の合図で一斉に「魔を祓い福を尊き」以って「家内安全融和繁栄」を祈願し豆を撒きました。
 種村県議、井口市長も「豪雪」吹っ飛べと祈りを込めて豆を撒いておりました。     
# by 2nezou | 2006-02-10 18:13 | 地域情報 | Comments(0)
太田市、久喜市行政視察
      2月1日~2日(群馬県・埼玉県)
 
 新生南魚沼市の重要課題は財政の健全化であり、市民の目線で市政を執行している、太田市の清水市長の話を一時間聞くことができた。印象に残った言葉を記す。
 ・家の職員はスピードが早い。   ・行政の基本は職員が変わらなければダメ。
 ・ISOを取得してから職員が変わった。  ・職員は一人二役やる、そして市民を取り込む。
 ・外部監査を取り込む。  ・8:30分はお客が来ないので窓口は時差出勤とした。
 ・職員は150人減らし、市民を180人入れた。  ・今後は市民に主導権をとってもらう。
 ・行政は絞るばかりでは、市民に笑顔がない。稼ぎ出したものは子供達に与えよう。
 ・算数、国語、英語は20人学級にする。
 ・学校教育以外で4つの学校を作る(スポーツ・芸術・IT・英語ー世界で通用する力)
 ・太田市の行政は子供達のためにしている。  10年経ったとき職員が少なく、市民が大勢
  働いている役所にしたい。
 ・今年1%まちづくり事業をやる。(市税の1%、3億円を市民独自の考えで使えるお金)
     (人口217千人、北関東一の工業都市)

 ○市役所を後に太陽光発電の町「城西の杜」を視察する。
    この町も清水市長の肝いりで「安全・自然・環境」をコンセプトに開発された町です。
  計画戸数700戸、分譲面積平均76坪でほぼ完売。
   太陽光発電システムの実証研究をしており、将来のエネルギー政策に、行政が住民の
  協力を得て行っていることにビックリする。
   
<久喜市>
  人口73,000人、平成13年から行政評価システムを導入して、「開からた市政の推進」
 を目標に掲げ、取組んでいる課題や成果について研修をする。
  目標管理制度(職員の人事考課)は、18年度から検討すると言うことなので、職員の意
 識は余り変わっていないように感じ取られた。
 
  二日間の政務調査活動を終えて、行政改革・財政健全化は、職員の意識が変わらなくて
 はいけないと改めて思った。行政は「サービス」を売る会社である。会社であればお客様が
 満足しなくては、その会社は倒産してしまう。我が南魚沼市は………!
# by 2nezou | 2006-02-07 15:05 | 議員活動 | Comments(0)
種村県議「新春の集い」
    1月29日(日)八色の森公園内 欧風田舎料理店「葡萄の花」にて12:00~

 3月中旬を思わせる好天に望まれ、午前9時より、町内の作業所の5回目の雪堀を7人の役員で終わらせ、会場へと急いだ。
 種村県議の県政報告も、今冬の豪雪災害対策に、県として国に要請・陳情活動を協力に展開している内容を話す。井口市長も上京し国会議員に要請をしてきており、今後は県・市と一体となった活動を議会としてしなくては……。
 車で30分も走れば、雪の壁は無くなる。この魚沼の豪雪に対しては、国からどうしても強力な支援をしてもらわなくては、市の財政を始め、地域の経済がピンチになる。
 魚沼地域基幹病院設立のための、準備室が県庁内に4月より設置されると話す。いよいよ待望のビックプロジェクトがスタートすると思った。
 井口市長、湯沢町長も参加しておりました。
 

 

 
# by 2nezou | 2006-01-31 23:21 | 議員活動 | Comments(0)