人気ブログランキング |
4日間の30年度決算審議
 30年度決算審議が、12日、13日、17日、18日と4日間行われる。
 30年度決算審議は、来年度予算にも直接間接に関わるもので、各議員は29年度決算、30年度予算と比較し、鋭い質問を市長に問う。時には一般質問のように自分の意見も述べながら市長と対峙する。
 私は、7款商工費と10款教育費で質問する。商工費は、兼続公祭りについて。市内には多くのまつりやイベントがあるが、市民57千人が参加できるのは「兼続公」祭り。現在の日程や内容のことを実行委員会で協議しているのか問う。上越の謙信公まつり、米沢市の上杉祭りは100年を経過し今日のまつりになっている。兼続公まつりもそれを見習って検討ずべきと言う内容の質問。
 回答では、今後実行委員会で検討する。
 教育費は、小学生、中学生の学力が新潟県、全国と比較して確実に毎年上がっているのかという内容。
 回答は、新潟県では平均よりやや良いと確実に学力はついている。

 4日間の決算審議が終わり、30年度決算について、原案通り認定するか否かの討論が行われる。我が会派はクラブ会を開催し、清塚クラブ長が賛成討論をする。その中で30年度決算は、特に市民に夢を投げかけた「雪」の事業がある。他の会派も賛成討論に立つ。共産党は反対討論にたつが、賛成多数で認定された。
 

# by 2nezou | 2019-09-13 08:21 | Comments(0)
一般質問
        9月9日~11日

 一日目に6人。二日目5人。三日目5人。
 我が会派は一日目に登壇し、市長と対峙する。
  2番目の清塚議員、大原運動公園への野球場のスコアボードのデジタル化、やまと地域への健康増進及びトレーニング施設の整備。5番目に登壇の目黒議員、ガストロノミー(美食旅)の推進について
6番目の吉田議員コシヒカリ「GAP」の必要性を訴える。
 林市長から前向きの答弁を引き出す。

 二日目は鈴木議員の「行政運営をコンパクトに」で市長のまちづくりの原点はドイツ・・・・・。良い質問だった。

 三日目は永井議員のスポーツは「教育」「観光」「ビジネス」の視点。」私はそれに「福祉」があると思った……いい質問だ。桑原議員の「学習支援」も良かった。

 一般質問は、要望会ではないことを肝に銘じる必要がある。


# by 2nezou | 2019-09-09 16:00 | Comments(0)
浦佐地区敬老会
         9月8日(日)

 浦佐地区は9月の第2日曜日が敬老会。
 来賓に岡村副市長と佐藤議員と小島公民館長と私の4人。主催は浦佐婦人会と浦佐区会で招待されるのは77歳以上から。人口57,000人で100歳以上は52人と言う。
 浦佐地区で「米寿」は25名。

    ●岡村副市長から「米寿」のお祝いの賞状を受ける。
     婦人会から「湯飲み」の記念品
浦佐地区敬老会_f0019487_16244562.jpg
    ●各町内からのアトラクションで会場は盛り上がる
浦佐地区敬老会_f0019487_16245910.jpg
浦佐地区敬老会_f0019487_16250804.jpg
浦佐地区敬老会_f0019487_16251933.jpg
    ●最後はみんなで「サンヨ節」でお開きとなる 
浦佐地区敬老会_f0019487_16252812.jpg
<同級生多聞橋下で鮎の会>15時より
今年で3年目の鮎を食す会
魚沼漁協の組合長、皆川県議が鮎釣りを終えて私どもの会に合流する。釣りを始めて3年目と話す。私も漁協の組合員であり、この多聞橋クラブに加入しておるが、釣り人として川には入っていないが、川を守っているのは、釣り人だと思った。
浦佐地区敬老会_f0019487_16524884.jpg
浦佐地区敬老会_f0019487_16525831.jpg
浦佐地区敬老会_f0019487_16530791.jpg




# by 2nezou | 2019-09-08 16:19 | Comments(0)
社会厚生委員会
        9月4日(水)9:30~17:15

 本会議で付託された5件について審議する。
  ・72号議案 平成30年度 国民健康保険特別会計決算認定について
  ・73号議案 平成30年度 後期高齢者医療特別会計決算認定について
  ・72号議案 平成30年度 介護保険特別会計決算認定について
  ・72号議案 平成30年度 城内診療所特別会計決算認定について
  ・72号議案 平成30年度 病院事業会計決算認定について
     原案通り可決する。

 保育料の無償化について担当課より説明受ける(保護者には説明済み)
   ・両親1人が働く(1号認定)満3歳到達児~5歳児
   ・両親2人が働く(2号認定)満3歳になった後の4月1日から
   ・市県民税非課税世帯(3号認定)0歳~2歳児
 
   無償化されるもの~対象児童(1・2・3号認定)の保育料
            認可外保育園の利用料~上限有
   保護者負担~1号認定副食費月額3,200円(おやつ無し)
         2号認定副食費月額4,500円


<常蔵で一杯やる>
   健太郎と健太郎の同期の室永氏と


# by 2nezou | 2019-09-04 15:30 | Comments(0)
9月定例議会スタート
●9月2日(月)
 9月議会は「決算議会」とも言われ、会期も今日から20日までと長い。
 議会開会直後に「表彰伝達式」(全国市議会議協会表彰規定により)が行われる。在職15年以上の牧野晶議員と阿部久夫議員の両名に。両名とも塩沢町議員から通算18年、長きにわたり市政の発展に尽くされた功績に対し送られる。

 市長所信表明の後に、陳情1件、報告7件、条例改正議案4件が審議される。
 報告案件の「健全化判断比率」「資金不足比率」とも。国の基準を下回っており問題なし。
 次いで市が出資している「六日町街づくり株式会社」「株式会社アグリコア」「一般社団法人 南魚沼市まちづくり推進機構」の経営状況の説明を受ける。

<市長所信表明>
 ・6月1日に着任した医療政策特別顧問、市長と月一回のペースで会議を
 ・大崎保育園の職員駐車場の整備に着手
 ・幼児教育、保育の無償化について、保護者に説明会を行う。
 ・7月に六日町小学生2年生の女児が作業車との事故で亡くなる。
  六日町中学生2年の男子生徒が重傷を負う交通事故が発生。
 ・市内全小中学校の教室にエアコンが整備され7月から稼働
 ・新ごみ処理施設整備、地元協議会の立ち上げは困難
 ・水道料金は消費税率改定に伴う2%分は現料金に上乗せとなる。 
 ・JR浦佐駅に10月22日に「観光案内所」を開設
 ・東京オリンピック暑さ対策に雪の活用を提案し注目を浴びる
 ・ふるさと納税も多くの方々から多額の寄付を得ている。

●9月3日(火)
 30年度特別会計(国保・後期高齢者・介護保険・城内診療所・下水道)企業会計(水道・市病院)の決算認定は、それぞれの委員会に付託される。
 31年度の一般会計、特別会計、企業会計補正予算がそれぞれ審議され可決する。

# by 2nezou | 2019-09-02 09:59 | Comments(0)
自民党大和支部役員会
        8月29日(木)18:30~

 今回の参議員選挙大和支部は、事務所を構え3年前の中原氏の参議員選挙より、選対会議、チラシの配布、全戸訪問、電話作戦と絶対に塚田現職を落とすわけにはいかないと。もし敗れるようなことになれば、新潟県に参議院の議員がいなくなる。それにも増して、新潟に縁もゆかりもない、北海道出身の落下傘候補に負けられないという意地がみんなにあり、本当によく動いた。

 その結果が42千票(479,050票)の負け、南魚沼市でも908票(13,286票)負けた。火事は最初の3分、選挙は最後の3日間と言う。今回の選挙、塚田氏本人の失言に始まり苦しい戦いであったが、何とかいけそうと言う時に、石崎代議士問題が浮上した。

 党員の中に、党員を止めると言う人も出てきたり……、会議でしっかりと総括をし、会議で参議院問題をリセットし、新たにスタートしないといけないと思い今回の会議を開催した。

 私の開会の挨拶も今日の主旨を話す。そして筆頭顧問からも、50年の大和支部の歴史の中で、選挙戦を総括し再起動する必要性を話される。

 大和支部最盛期は500人からの党員がいたと言う。党員確保の具体的な取り組みを行うことを確認する。

# by 2nezou | 2019-08-29 12:07 | Comments(0)
大和商工会行政懇談会
        8月28日(水)15:30~17:15

 大和地区出身議員7名と商工会理事(30人)との懇談会が商工会館で開催。
 質問項目と回答議員
 1.大和地域に健康・運動施設の新設について
 2.浦佐駅を基軸とした魚沼の観光について
 3.多聞橋上流の河川敷の利用について
 4.大崎地区学童クラブの保育時間の拡大について
 5.外国人労働者の受け入れ、浦佐駅周辺の開発、少子化対策について
 6.空き地、街路樹の雑草の草刈りについて
 7.南魚沼市中小企業等振興基本条例制定後の現在と今後について

 事前に質問項目をいただいており、私の担当は3番であった。
 終了後の懇親会の挨拶で、大和地区は、ごみ焼却施設、やまと病院の改築、十日町に県立の看護学校発足に伴う北里保健衛生専門学校、山麓スキー場と皆さんと一緒に考える課題が……。

# by 2nezou | 2019-08-28 11:48 | Comments(0)
魚沼基幹病院と議員との意見交換会
          8月21日(水)

 基幹病院の講堂で15時から17時まで意見交換会が行われる。
 病院からは理事長、院長、事務部長、看護部長、事務次長が出席される。
 議員は18人(4人欠)

 荒川理事長あいさつ
  ・地域が一つの病院として・・・住民の方がのクリニックに行っても安全  
  ・魚沼で日本初の病院を目指している・・・。
 小澤議長のあいさつ
  ・27年に開院し4年、圏域に16万人が住んでおり安心を得ている。   
  ・今後、人口減少・財政問題と言う課題もあるが・・・。

 橋口事務部長より「病院の現状と課題」について報告を受ける。
  ・医師は87名、看護師は398名。新発田は440人の看護師で500床。
  ・循環器系医師が減、救急医師が3人から2人に。
  ・看護師は順調に育っている。離職率も4.0%(全国10.9%)と低い。
  ・3年後くらいには458床全オープンできる。
  ・外来患者が多く課題。紹介率・逆紹介率が30%と低い。
  ・放射線治療患者数、手術件数は他の基幹病院にひけをとらない。
  ・がん患者が長岡の方に行っている。
  
 基幹病院は、高度医療、救急医療に特化するためにも、住民の理解の元、かかり医からの紹介で基幹病院に来るようにしないといけないと思った。
 基幹病院を核として、住民の協力の元、地域で一つの病院をめざすようにしなくてはいけない。来年は開院し5年ですので、住民を巻き込んだ「病院祭」を行ったらどうか提案した。
魚沼基幹病院と議員との意見交換会_f0019487_11450844.jpg

 

# by 2nezou | 2019-08-21 10:55 | Comments(0)
花角県知事との懇談会
         8月9日(金)

 松原県議の取り計らいで、湯沢町議会議員、南魚沼市議会議員有志17名で、知事公舎において懇談会が開催される。
 公私ともに新潟県で一番の超多忙だ。分刻みで公務をこなしていると思う。
 知事公舎は初めて入る。
 今日は新潟まつりなので、超忙しいのではと思ったら私どものために日程をとったようだ。

 花角県政が3期4期と続くことが、新潟の経済を押し上げ新潟の発展になると確信する。18時から始まった懇談会あっと言う間に時間が過ぎる。
 懇談の中で、重文指定、令和初の「裸押合」に参加依頼する。

       ●新潟まつり15千人の「大民謡流し」
花角県知事との懇談会_f0019487_12260563.jpg



# by 2nezou | 2019-08-09 12:09 | Comments(0)
松原県議要望会   中越地区市議会合同研修会
        8月6日(火)

<松原県議要望会:大和地区>働く婦人の家にて
       9:30~12:00 浦佐地区、薮神地区
      13:30~16:00 大崎地区、東地区

 各町内の区長さんが現場の図面を広げて県議に説明する。両脇から覗き込む職員。
 浦佐で要望の多かったのは、西山の沢川(7か所)の濁流による被害。特にうるし沢川の浸水は長年の要望だ。なんとか調査費をつけて対応していただきたい。他に県道の拡幅、消パイ、カーブミラー等々要望は幅広い。その場で回答したり、即対応できるものは職員に指示を出す。
松原県議要望会   中越地区市議会合同研修会_f0019487_12055664.jpg
松原県議要望会   中越地区市議会合同研修会_f0019487_12060316.jpg

<中越地区市議会合同議員研修会>燕市文化会館14:30~
 中越地区は10市の議会が持ち回りで一年に一回合同で研修会を行っている。
 
 丸山燕市議会議長の挨拶の後、燕市長の歓迎のあいさつで「地域を取り巻く課題に正解はない!」に納得する。

 講演 「田中番記者から見た令和の時代」
       ~もし今、田中角栄氏が生きていたら~

     講師:新潟日報社 代表取締役社長 小田 敬三 様

 ・田中60歳、31歳で番記者に
 ・球面体の政治家で、超現実主義者である。
 ・戦争を知っている人が、政治の中枢にいるうちは戦争はしない。
 ・戦争に行かないように憲法を変える。
 ・田中の憲法論~独立国家が定めるのが憲法で、9条、今は早いと言った。
 ・ベトナム戦争~米国の要請に韓国は30数万人送る。
      憲法9条を使えと田中は言い、一人たりとも戦場に行かせない。
 ・田中を一面体で見ない方が良い。それが中国との国交正常化だ。
 ・経済復興すれば、米国は日本に再軍備を持ちかける~米とソ連険悪
 ・再軍備要求できないように中国と手を結ぶ。
 ・池田の知恵と田中の決断
 ・周恩来が再軍備をしないのかと問う
   ~軍備のために増税しなくてはならない。
    そうすれば選挙で落ちる。私は普通の人になると応える。
   ~周恩来は正直な人だといった。
 ・政治家は社会情勢(生まれ育った時代)から逃げられない。
 ・36年に大蔵大臣になる。36豪雪~災害と認定する。
 ・日本列島改造論~時間距離の短縮がキーワード
    いい職員を紹介せよと言ったら武村正義
    ~両津に橋を架けるから先に「国道」にしなくてはと海に国道が
 ・選挙は運動量と風
    ~火事は最初の3分、選挙は最後の3日間
 ・参議院選挙~3日前に運動が止まる。(石崎問題)
       ~浮動票と無党派層は違う
 ・昭和60年2月7日創生会が立ち上がる。オールドパワー毎日1本飲む。
 ・同年2月27日倒れる。
 ・時代に生きた政治家
     ~貧しさから解放させるのが政治
 ・将来ことをなす時は、味方は2人。敵は1人でも少なくせよ。
 ・超現実主義者、平和主義者~人間くさい。
松原県議要望会   中越地区市議会合同研修会_f0019487_12061242.jpg
松原県議要望会   中越地区市議会合同研修会_f0019487_12061876.jpg
    


 
  

# by 2nezou | 2019-08-06 08:13 | Comments(0)