長島代議士を支援する議員の会役員会
             11月18日(土)7:00~8:30

 11月26日に最後の総会を湯沢「ホテル双葉」で開催することにしており、その打ち合わせを浦佐「ホテルオカベ」にて行う。
 長岡市、小千谷市、魚沼市、南魚沼市、湯沢町の各議長が中心となり26年11月26日に設立する。27年の春に南魚沼市、秋に魚沼市で、28年春は小千谷市、秋は各議会ごとに開催。29年春は長岡市で開催。
 昼夜の時間帯で代議士と皆さんの日程調整は難しく、早朝会議だとほぼ日程調整ができるので、良くここ浦佐で開催した。

 26日の出席者の確認と故長島代議士の奥さんと秘書今村さんが出席。田村湯沢町長も出席と言う。松原県議は都合がつかず欠。
 協議は①29年度事業報告と決算について ②解散について ③その他(今後について)。残金は全会員に返すこととする。
[PR]
# by 2nezou | 2017-11-18 11:31 | 議員活動 | Comments(0)
大和中学校創立50周年事業
            11月11日(土)

<記念式典>10:00~11:30
 大和中学校は昭和43年に統合し50年。昭和31年に4村(浦佐、薮神、大崎、東)が合併し大和村(その後大和町)が誕生した。「仲良く正しい道を進む」という意味の「和して大道につく」という言葉から命名したのだそうです。
 当時、町を二分しての統合賛成反対があったようで、統合反対派の町長が町長になり統合をすすめ大変な時期を過ごしたようだ。私はその時18歳、県農業講習所で農業改良普及員になるべく勉強していた。卒業後見附の葛巻農協に就職したので、当時の事はあまり記憶にない。

 記念講演の講師は、米山隆一新潟県知事。当初、県知事が記念講演の講師と聞いたときは、まさかと思ったが・・・・・・。
 約500人の生徒に「未来の夢」と題して、講演してくださり生徒たちは大きな示唆をいただき本当に良かったと思います。私もわかりやすく、生徒たちには「50周年の記念に」最高の贈り物であったと思います。
 ただ、生徒の保護者が少なかったのは残念であった。米山県知事の講演を親子が共に聞き、将来や夢について一緒に考える場にもなったのでは・・・・・・・・・。

<講演の概要>
 夢は実現することが難しいからこそ「夢」。
 したがって誰もが実現できるわけではない。
 しやがって、夢を実現するためには、誰もがする以上のことをしなければならない。 
 したがって、夢を持つと言う事は、誰もがすること以上の事ををする事を自分に課すということ。
 
 夢を実現するには、「得意度」×「熱心度」×「時間」
     ①得意な事を見つける事
     ②好きな事を見つける事
     ③時間をかける事(頑張り続ける事)
     そして
     ④自分を強く持つ(信念を貫く)
        「夜の人は我を何とも言わばば言え 我が成すことは我のみぞ知る」
                           (坂本竜馬)
     ⑤人に優しくなりましょう
        夢は一人だけでは実現できない。協力し助けてくれる友人仲間家族が。
       「強くなくては生きていけない。優しくなくては生きている資格は無い」
                     (フィリップ・マーロウ)

f0019487_10522160.jpg

<祝賀会>17:00~19:00「越路荘にて」
 祝賀会の参加者は80人くらいで和気合いあいのうちにすすむ。
f0019487_1131374.jpg


 11月9日朝、ぎっくり腰が起き布団から起きれない
             布団から下記の事業欠席の連絡する
    ・11時 黒沢の現地立ち会い
    ・13:30 浦佐菊まつり表彰式
    ・18:00 松原県議の会
 11月10日今日も終日ぎっくり腰で布団の上。
    ・17時 泉田代議士との懇談会欠席
[PR]
# by 2nezou | 2017-11-11 09:55 | 議員活動 | Comments(0)
臨時議会
             11月7日(火)

 議会改選後の初議会(臨時)が開催される。
 改選前は26人であった議員が22人となり、その責務はさらに重くなったと自問し議場に入る。
 
 本議会は選挙後初の議会であり、議長が決まるまでは、地方自治法第107条により、年長の議員が議長を行うことになっており私が議長となる。
 仮議席の指定をする。その後一人づつ登壇し自己紹介をする。そして、市長よりあいさつをいただく。副市長より幹部職員の紹介をいただく。
 
 暫時休憩し、議長に出馬表明している佐藤剛君、小沢実君の両名より所信表明をいただく。
 休憩を閉じ、議場を閉鎖し議長選挙を行う。
 投票の結果、小澤実君16票、佐藤剛君4票、岡村雅夫君2票。議長に小澤実君が選任される。

 小澤議長の元、議席の指定、副議長、常任委員会委員の選任及び委員長の選任がなされる。そして、監査委員、特別委員会委員も選任する。議案は2件。
 
 副議長に塩谷寿雄、議運委員長・鈴木一、総務文教委員長・桑原圭美、産業建設委員長・清塚武敏、社会厚生委員長・中沢一博、議会広報特別委委員長・吉田光利、監査委員・牧野晶が選任される。

 私は、社会厚生委員会委員。議会議員会会長に選任される。その他では、浦佐17号バイバス、郷土史編纂委員になる。

 議会の構成も決まりスタートする。







 
[PR]
# by 2nezou | 2017-11-07 09:02 | 議員活動 | Comments(0)
長島忠美後援会解散式
             11月6日(月)14:00~14:30

 前衆議院議員故長島忠美後援会の解散式が、長岡グランドホテルで午後2時より開催される。新潟5区内の各支部長はほとんど見えていた。
 進行は地元秘書の西山さんが行う。後援会長の挨拶で星野県議は、山古志の村長時代にあの大惨事が起き、村民を守るために身を挺して様々な交渉や決断をした。平成17年に山古志村は長岡市に合併。長岡市復興管理監を拝命する。長島は大震災の対応が大きく評価され、メデア等で取り上げられ時の人となり活躍の場は国政へ移った。国政に出るかどうか、本人、森市長、泉田知事4人で再三協議し、その扱いは星野県議に一任された。この大惨事を復興するには、お金がいる・・・・・・。朝6時ごろ余震の続く中、「長島さん国に行こうや・・!」そしたら長島さんは「後援会長は星野さんお願いします」・・・国政への挑戦が始まったと・・・・・当時の事を想いだし語ってくれた。
 元県議長の種村さん。議長就任時中越地震が起き、長島後援会を5区内でいち早く立ち上げ、強固の基盤作りを行った。南魚群市後援会長を私から前市長の井口さんに決まっていたのにいまだ信じられない・・・・・。
 
       ●最後に奥さん・久子様が12年間支えてくれた感謝の挨拶がある。
f0019487_1402276.jpg

   
[PR]
# by 2nezou | 2017-11-06 13:28 | 議員活動 | Comments(0)
長島代議士お別れの会
             10月30日(月)

 元衆議院議員「故長島忠美儀」自由民主党新潟県連、長島後援会、志帥会、長島家合同の「お別れ会」がホテルニューオオタニ長岡で開催される。会場には入りきれなく別室にモニターも準備される。
 自民党幹事長・志帥会会長でお別れの会実行委員長 二階俊博をはじめ大島衆議院議長等が弔辞、弔詞を・・・・・・。誰もが突然の逝去を悔やみ大切な人を失ったと・・・・・・。最後に奥様長島久子様よりお礼の言葉がある。良い人生を送らせていただいたと感謝の言葉に目頭が熱くなった・・・・・・・・。そして、指名献花。
 支帥会(国会議員)の盟友、県知事、県会議員、県内市町村長等々大勢の皆さんが献花する。
 本当に大切な人を失った。7.18の豪雨水害、翌日15時に長島代議士が現地に来る。23年新潟福島豪雨で災害にあった同じ沢が今回もやられたので、今年の事業の堰堤の増設だけでいいのかと指摘され、早速県は動いてくれた。そして、7月23日(日)の「生ビール&鮎まつり」に奥さん、お孫さん同伴で祭りに来る。奥さんとお孫さんを会場において、ステージで挨拶し1時間くらいで新幹線で東京に向かった。8月9日、東京事務所に、裸押合大祭の件で陳情に行ったのが最後の別れとなった。それから10日後に天国に旅発たれた。何でそんなに急いでいたのか・・・・・・・。これからも私どもを見守っていてくださいとお願いし献花する。
f0019487_1123139.jpg
f0019487_11232948.jpg
f0019487_1123409.jpg
f0019487_11235324.jpg


<若井達男議員送別の会>15時30分より
 南魚みらいクラブで、この10月末・今期で勇退する若井議員の送別会を「五日町・若松屋」で開催する。
 若井さんは、4期目立候補を表明していたが、7月26日に頸椎のヘルニアに突如襲われ、8月の中旬ごろに我がクラブ長に出馬しないことを伝え、9月議会でも出馬しないことを表明する。
 若井さんは4代目の議長。若井さんの豊富な知識と記憶力にには感心すると同時に敬服をもしていた。若井さんの弁舌が始まると、我がクラブ員耳を傾ける場面が多かったし、いろいろと教えていただいていた。本当にご苦労さまでした。今日は少しアルコールも行けるようであったがまだまだ完全でない。
 井口前市長と松原県議も参加していただく。
[PR]
# by 2nezou | 2017-10-30 10:18 | 議員活動 | Comments(0)
南魚みらいクラブ会
          10月27日(金)16:00~

 23日(月)午後1時30分より、南魚沼市挙管理委員長より当選証書をいただく。議員定数が4人減たこともあり会派の編成替えもあった。各会派は、会派の活性化のためにと、新人議員(4人)獲得のために、電話や面談等で勧誘している。
 今日まで、クラブ長が中心になり、他会派の動向を見極めながら新人議員の入会に力を注ぐ。迷っている新人議員に私も電話で入会を勧める。
 26日の15時までに、議長に会派結成届を提出することになっており、数回のクラブ会を開催し、新人2名を加え7名となる。新人の皆さんも当選して、会派も良くわからないうちに大変であったと思うが、どこの会派に入るかは議員活動を行う上で大切だ。

 わが南魚みらいクラブは、7人で最大会派となりクラブ長に清塚武敏氏、幹事長に塩川裕紀氏。議長、副議長、議運委員長、各常任委員長等の人事の協議を行う。最大会派であるから、他会派にも配慮しつつ協議する。協議の中で議長候補者が数人いるとの情報もあるが、我がクラブから議長を出すとの強い再確認をする。7日の臨時議会まではいつ会議の招集があるかわからないので臨戦態勢でと話し合う。
 歩む会が4人、未来創政会4人、市民クラブが4人、共産党団2人、無会派1人。歩む会は、私どもとほぼ共同歩調。未来創政会は公明党1人を含む保守系。市民クラブは革新系。
 
 新議会のスタートは11月1日から、私も初心に返り奢ることなく4年間活動いたします。





 

 わがクラブは現在5人で新人2人が加入してくれる。
[PR]
# by 2nezou | 2017-10-27 16:00 | 議員活動 | Comments(0)
市議会選挙
            10月22日(日)

 1050票(17年1117票、21年1229票、25年1246票)で4期目に当選(18番目)する。大変厳しい選挙戦であった。議員定数が26人から4人減の22人に。そして、有権者22,000人の六日町から10人、15500人の塩沢から7人、11300人の大和から8人。有権者の一番少ない大和地区から8人と一番多く出たことも苦戦であった。
 10月1日に事務所を開き、10月15日の告示から今日まで、事務所は大勢の人が出入りし、事務所の雰囲気は最高であった。票が伸びなかったのは、私の不徳の致すところで、ウグイス、運動員、同級生、親戚等々本当に毎日良くしてくれました。
 
 街頭で私が訴えたのは、  
  ①大和病院の老朽化に伴う新改築と基幹病院の全床稼働を
  ②子育て支援~南魚沼市で赤ちゃんを産みたい、南魚沼市で子育てしたい
  ③新しい雇用の場の創設~メデカルタウン構想、ITパーク構想、CCRCの推進
  ④山が荒れれば里が荒れる~23年新潟福島豪雨、今年の8.17水害、サル・熊
  ⑤その地区の話題や課題を~農業、水害、市政等々
   
       ●10月15日6時30分「毘沙門堂でお護摩に」
f0019487_1914518.jpg

       ●10月15日事務所にて「出陣式」
f0019487_1923339.jpg

f0019487_193231.jpg

f0019487_1932376.jpg

f0019487_1933428.jpg

f0019487_193575.jpg

f0019487_1941187.jpg

f0019487_1942494.jpg

f0019487_1944222.jpg

       ●10月21日選挙戦最終日
f0019487_1962880.jpg

f0019487_1965110.jpg

f0019487_197743.jpg

f0019487_197278.jpg

       ●10月22日投開票を見守る
f0019487_1982358.jpg

f0019487_1983815.jpg

f0019487_1985690.jpg

f0019487_1994427.jpg

f0019487_1992219.jpg

[PR]
# by 2nezou | 2017-10-22 17:55 | 議員活動 | Comments(0)
中越地区市議会研修会    松原県議要望会
●8月22日(火)「中越地区市議会合同議員研修会」 
            14:30~17:30「十日町市・クロステン」にて


 <講演会>     
      演 題  「新潟から明日の医療を考える」
             新潟県立十日町病院長 古嶺文俊 先生

    南魚沼市立「城内病院」にもいられた方で講演は大変ためになった。
    患者さんを真ん中にした医療の話で大変良かった。
    健康ファイルでぴんぴんころりはどこの自治体でも実践できると思った。
   
  講演会終了後、情報交換会が行われる。

    ●十日町市議会議長の歓迎のあいさつ
f0019487_18175342.jpg

    ●第二部の情報交換会で、
      十日町市長、十日町市議員全員が登壇し歌を披露。
f0019487_18204533.jpg


●8月23日(水)「松原県議への要望会」13:30~
  大和地区の県への要望会が「働く婦人の家」で開催される。浦佐、薮神、大崎、東から区長さんが書類片手に、松原県議に説明する。松原県議の後ろには県、市の職員がその話にメモをとる。7月18日に大和地域を中心として非常に激しい雨が降り、住家への浸水、道路、水路及び水田への土砂流入などの被害があり、それれに関する要望が多かった。
f0019487_7373116.jpg

f0019487_7374651.jpg

[PR]
# by 2nezou | 2017-08-22 17:44 | 議員活動 | Comments(0)
自民党大和支部役員会
              8月19日(土)17時より

 浦佐「お国じまん会館」にて役員会を開催する。今日の役員会は、来年自民党大和支部設立50年を迎えるので、開催要領の案の案を提示し、実行委員会の設置を決定する会議。そして、林市長から「講演」をいただく会であった。

 開会で、長島代議士の訃報に触れ、時おり声を詰まらせあいさつする。非情なもので補欠選挙が行われる。10月10日告示、22日投票。長島代議士の弔い選挙だから、誰が出ようが代議士の後継者だから絶対に勝たねば代議士の仏前に報告できないと話す。
 顧問の元県議会議長種村さん、前井口支部長よりも挨拶をいただくが、長島代議士へのお悔やみと補欠選挙は絶対に勝つと檄が飛ぶ。

 <林市長講演概要>
        演題「世界・アジアを視野に!雪国南魚沼市の挑戦」
   1.南魚沼の今
      ・国際大学の存在
      ・なぜ、ふるさと納税返礼品に取り組むのか
   2・南魚沼の未来と将来戦略
      ・スポーツ振興を市のエンジンに
      ・これからの「まちづくり」のキーワードは「防災」
      ・狙い、戦略をもって
      ・「魚沼ブランド」を誇り高く(雪国からの挑戦)
   3.課題と懸案

   4.私が考える「あるべき姿」
       ~帰ってこられる、住み続けられる故郷」とは?

●林市長の講演~就任し9カ月良い話であったと
f0019487_17281562.jpg


 会議終了後は、暑気払いを兼ねて別会場に。
 話題は、長島代議士の死去に残念の声しきり、本当に現場を大事にする人だと。そして何よりも市民目線で傲りがないし、誰の声にも耳を傾けてくれる。きさくで、国会議員らしくない。気軽に声をかけられる。次か次は、絶対に大臣になる人であった。5区はもとより新潟県にとっては大きな損失だ。余りにも早すぎた。
 誰が後継者になるのだと・・・適任者はいるのか・・・・・・。
 泉田前知事、森前長岡市長はすごい政治家だが、長島代議士の後継者と言うと首をかしげる。中原前参議院議員は国交省政務次官を経験し、2回の国政選挙を戦っており、適任と思うが・・・・。等々のさまざまな声が出る。
 たとえ誰に決まろうが、長島代議士の後継者だ。大和支部は一枚石になって戦う。








 
[PR]
# by 2nezou | 2017-08-19 16:54 | 議員活動 | Comments(0)
長島代議士死去  
           8月19日(土)

 19日未明(確か1時過ぎ)携帯が鳴る。山古志の前議長関市会議員から「代議士が亡くなった・・・・・・・」と、突然の電話にただただ唖然とする。

 関さんからは、15日早朝に電話をいただき、代議士が15日未明に救急車で搬送されたと聞いており、その時関さんは、他人には言えないが、手術ができない場所なんだと話され容体は予断を許さないのではないか・・・・と。17日の新潟日報には「脳卒中で2カ月の入院加療」と報道される。本当にそうであってほしいと思った・・・・・・・。
 西山秘書は、先生に声をかけたら応対をした。倒れて1日目より、2日目と声をかけると対応はいい。あの頑丈の体だし、山古志で鍛えた体と精神だ。絶対に復帰しますよとの電話の声に勇気つけられたが、山古志の関さんが、口にチャックでと言われた言葉が頭をよぎったが・・・・・。

 今日は自民党の大和支部の役員会を計画していたこともあり、西山秘書から詳しく聞いて役員に報告と思い、小沢議員と黒滝議長と3人で山古志に行くことにする。林市長からも電話があり、井口前市長と5人で伺う。
 新装なった長島代議士の事務所により、そして11時頃山古志に向かう。東京の小島秘書が、「関先生が最後の陳情でしたよ(押合大祭の件で)」の言葉に涙が出る。安倍首相、二階幹事長の花が届く。まさに眠っているようで、声をかければ返事をするようだった。

       ●山古志の自宅にて。奥様とご長男を前に、林市長、井口市長とも
        突然の訃報で悔しがるばかりです。ただ残念ですの声が強く聞こえた。
f0019487_16435377.jpg

f0019487_16492230.jpg





 
[PR]
# by 2nezou | 2017-08-18 15:57 | 議員活動 | Comments(0)