人気ブログランキング |
佐藤小右衛門氏「緑白綬有功章」受章祝賀会
●2月1日(土)

 小右衛門は長岡農の同級生で、母親同志も田麦山の同級生で同じ日に嫁いだという。小右衛門は堀之内船山でユリの専業農家。船山は高台に位置し毎年水不足に悩む。平成19年に県営畑地帯総合整備事業推進協議会長として、先頭になり大事業を成し遂げる。県の指導農業士副会長も歴任する。その功績が認められ、平成29年には瑞宝単光章を受賞される。そして今回の栄誉に輝く。
 来賓に県農林部長や地元市長、県議はもとより、県の農業関係者が大勢お祝いに来ていた。会場は魚沼市小出の「うおしん」出席者は150名くらい。
佐藤小右衛門氏「緑白綬有功章」受章祝賀会_f0019487_17425075.jpg
佐藤小右衛門氏「緑白綬有功章」受章祝賀会_f0019487_17431152.jpg
佐藤小右衛門氏「緑白綬有功章」受章祝賀会_f0019487_17401924.jpg
 

# by 2nezou | 2020-02-01 17:22 | Comments(0)
常幸後援会「市政報告会・賀詞交歓会」
●1月26日(日)15:00~18:00

 泉田代議士、松原県議、林市長、小沢議長を迎えて「後援会の市政報告会」が開催される。
 
 市政報告で、今日の会は雪が降る会にと冒頭話す。地域経済が縮まらないように一人一人ができる行動をしよう。例えば、家族の誕生会をするとか。たまには、バスで駅前図書館に行くとか。近所で周一回のお茶のみを2回にするとかです。「浦佐駅」を核としての活動。只見線の浦佐乗り入れ、魚沼酒・食の陣。JA浦佐支店移転に伴う利活用と小さな祭りの充実。山が荒れれば里が荒れる。33番、高山、浦佐城、スキー場の利活用をと話す。
 
 参加者からは、代議士、県議、市長、議長の話が聞けて良かったと。北村後援会長から、感謝の言葉と今年の秋は市長選挙があり後援会として、一丸となり林市長2期目に向けて頑張ろうと話す。
 
常幸後援会「市政報告会・賀詞交歓会」_f0019487_11232655.jpg
常幸後援会「市政報告会・賀詞交歓会」_f0019487_11234457.jpg
 

# by 2nezou | 2020-01-26 10:56 | Comments(0)
産業建設委員会   自民党大和支部役員会
●1月23日(金)

<産業建設委員会>9:30~12:00
 年末年始のスキー場の入込は、少雪のため昨年比湯沢3割減、南魚沼市6割減と大変な数字である。これを挽回することはできないし、降雪も期待されなく地域経済にとって大変な状況だ。まさに「少雪は災害」だ……。
 2月8日(土)、9日(日)に開催の雪まつりは中止という中での委員会。
 ●調査案件は
  ①観光集客に係ると取り組みと今後
  ②市民バスの現状と課題
  ③その他  非常用水源の調査結果
 
 自然、雪、食、歴史、インバウンドと本当に良く取り組んでいるが、どこの市町村も同じように必死で取り組んでいる。
 南魚沼市は、今一つ都会を引き寄せる強烈な印象がない。例えば十日町のような「大地の芸術祭」。
 新しい切り口で、浦佐駅を「尾瀬」「奥会津」の玄関口。宇都宮の「ぎょうざ」のように、南魚沼市は「おにぎり」。
 そして、ランの街(グルメ、山岳、八海山、縦断、自転車、)

 市民バス利用者が少ない。魚津市のように運営を路線ごとに地域住民に任せたらどうかとか、発想を変えて考えないと利用者は増えない。収益は809万円、費用は9200万円。市からの補助金は7300万円、国から1100万円。利用者数は43,568人、一人当たり経費は1685円。一人当たり14千円、7千円というコースもある。


<自民党党大和支部役員会>18時30分~
 2月2日に開催する「第52回定期大会」の開催について協議する。
 資料により説明があり、今年の担当は浦佐分会。浦佐分会は、昨日分会の総会を開催しており会議はスムーズにいった。
 支部長である私から、党員拡大に向けて具体的な行動をと話す。

# by 2nezou | 2020-01-23 09:55 | Comments(0)
魚沼市議会との合同研修会
●1月20日(月)15:00~17:30

 北里保健衛生専門学院の現状と課題について、私ども南魚みらいクラブ(7人)と魚沼市議会・魚沼輝成会(5人)が研修会を同学院にて行う。
 学院は昭和57年に開学し38年目を迎える。臨床検査技養成科、管理栄養科、保険看護科、臨床工学専攻科の5科、卒業生は5700人、在学生900人の学院。国家試験合格100%近くの実績は、県外から多くの学生が学びに来る。
 近年少子化、看護師や医療技師の不足等で、学院をめぐる環境が大きく変わったこともあり今回の研修会を計画する。
 15時から1時間学院の施設を見学する。国家試験を前にしての真剣な講義の教室に入ったり、実習室も案内いただく。16時からは学院の概要や現状について説明を受ける。改めて、合格率の高さは、学生の晩張りもさることながら、施設の充実と教授陣の素晴らしさだと思った。
 学院側からは、本部から担当常任理事、前学院長、学院長、副学院長、事務長の皆さんが出席され、多くの質問に応え意見交換ができた。
 
 私は名刺交換で、裸押合大祭委員長の名刺も紹介させていただいたことから、本部の常任理事の渋谷先生(北里大学医学部教授)が、祭りに参加することとなる。
魚沼市議会との合同研修会_f0019487_17555072.jpg
魚沼市議会との合同研修会_f0019487_17555899.jpg

# by 2nezou | 2020-01-20 17:07 | Comments(0)
地方自治「監査研修会」
●1月16日(木)~17日(金)

 11月6日に監査員に選任され、翌日に「定期監査・行政監査」があり立ち会う。午前は9時半から正午まで、午後は13時から15時30分ころまで行う。初めての監査であり、最後に私が監査講評を行い終わりとなる。
 私なりに「監査員」の勉強をしていたので慌てなかったが、しっかりと勉強したいということで今回の研修会への参加となる。
 
 会場は「全国町村議員会館」。講師の池田昭義先生は、東京都の監査事務局や保谷市の代表監査委員を歴任したり、総務省や新日本監査法人、日本税理士会、自治大学校等々の役職を歴任し、公認会計士・税理士として、地方自治監査では右に出る人がいないのではと思った。

 監査基準・監査事務運営要綱、企業会計の決算審査、監査技術等々多くのことを知りえることができた。何よりも監査の質を高めるには、監査体制(事務局員の増)の強化が重要と思った。

 

# by 2nezou | 2020-01-16 16:09 | Comments(0)
大和商工会賀詞交換会
        1月10日(金)

 大和商工会の賀詞交歓会、会員のみなさまで会場は立錐の余地がないほどの盛会。
 今年はオリンピックイアーで景気は上がるようだが、雪が全然無いのには本当に困った。市も資金手当てをした……。林市長就任後初めて出席する。盃を交換するが、話題の半分は一日でも早く雪が降ってもらいたいと……。
 
      ●青木商工会長挨拶
大和商工会賀詞交換会_f0019487_17524787.jpg
      ●一部「新春講談」梅桜亭の宝井梅湯
大和商工会賀詞交換会_f0019487_17503701.jpg
      ●林市長も「祝い唄」を披露
大和商工会賀詞交換会_f0019487_17504709.jpg
      ●八海太鼓と民謡のコラボ
大和商工会賀詞交換会_f0019487_17534002.jpg

# by 2nezou | 2020-01-10 17:35 | Comments(0)
新年あけまして おめでとうございます
新年あけまして おめでとうございます_f0019487_17335343.jpg
●1月3日(金)
 
 年始回り~南魚みらいクラブ
  ①小澤議長宅(10:15~11:15)~ ②種村元県議会議長宅(11:30~12:15)~ ③井口前市長宅(12:30~12:45)~ ④林市長宅(13:45~14:45)~ 松原県議宅(15:30~16:30)
  小澤議長宅では三会派が一緒になり、種村先生宅は歩む会と田村湯沢町長と。

 種村先生からは、今年も一筆いただく。
  ●老者之安(ろうじゃはこれをやすんじむ)
    年をとった人達から、あの人に万事たのめば安心だと言われる人に
  ●朋友之信(ほうゆうはこれをしんせしむ)
    彼なら信じて間違いないと仲間から言われる人間に



  

# by 2nezou | 2020-01-03 17:08 | Comments(0)
東京国立博物館に
     12月27日(金)

 毘沙門堂山門2階の板絵は江戸幕府御用絵師「板谷桂舟」が描いた天井画24面「天女の舞」と壁画9面が存在し、美術史上の価値のみならず、地域の宝として190年尾歴史を有しております。
 この度、東京国立博物館の田沢先生のご指導をいただき、朝日文化財団の助成金をいただき来年から修復することとなりました。
 そのお礼と今後のご指導いただきに方丈様、総代長の3人で訪問する。
 お忙しい中、田沢先生と瀬谷先生が待っていてくれた。
 要望通りの助成金が出たことと、複数年でOKがでたこともまれですよと話される。美術的価値がたかいこともあると思いますよとも話される。
 
 東京国立博物館は正月休みで休館でしたが、隣の国立科学博物館の特別展「ミイラ」を鑑賞する。43体のミイラは圧巻であった。小学生も大勢来ていた。
 遠い昔に亡くなった人の「姿」がそのまま残っている・自然にミイラとなったものから人工的に作られたミイラまで、南米、エジプト、ヨーロッパ、オセアニア、日本のミイラが一同に会することで、死生観や文化の違いを知ることができた。


# by 2nezou | 2019-12-27 16:24 | Comments(0)
医療政策勉強会    自民党大和支部役員会&忘年会
          12月26日(木)

<医療政策勉強会>庁舎大会議室にて13:30~16:00

 テーマ「南魚沼市民への将来的な医療介護提供体制」
 講師 公益社団法人 地域医療振興協会常務理事
    南魚沼市医療政策特別顧問 外山千也 先生

 先生は自治医科大学の第2期生(昭和54年卒)
 新潟大学医学部・新発田病院の研修医、小出病院、松代病院勤務後厚生省に。
 兵庫県、島根県、厚生省、防衛庁、内閣府、厚生労働省、国立がんセンター、防衛省を歴任後、平成22年に厚生労働省健康局長を。平成24年に理事長補佐として現協会に入る。26年に台東区、29年に市川市リハビリ、元年に人口2500人の東京都奥多摩町の古里診療所の管理者件所長で勤務。
 協会は全国に76の施設を持ち、職員は9033人(医師141人、看護師4108人、介護食861人他)湯沢町の保健医療センター、南魚沼市の今泉記念館ゆきあかり診療所はその傘下。

 豊富な体験と知見で南魚沼市民病院の課題を話す。予定の時間を1時間をオーバして話してくれる。先生はゆきぐに大和病院のことも良くご存じで、キーワードは「共同と連携」。10年後の市民サービスの確保に向けて、制度の変革に対応していくことが大切。自助、互助、共助、公助の考え方も。

 数字や資料を示し、大変勉強になった。


<自民党大和支部役員会&忘年会>18:30~21:00田中屋にて
 各分会から役員28名が集まる。
 協議事項は「定期大会開催について」
        時:2月2日(日)午後3時
        於:お国じまん会館
        当番分会は浦佐
 そして、私から提案する。来年は党員確保に向けて具体的な行動をとろうと。

# by 2nezou | 2019-12-26 15:06 | Comments(0)
一般質問    議会最終日~南雲教育長退任あいさつ
●12月9日(月)~11日(火)

 一般質問に18名の議員が登壇する。
 一般質問初日の2番目、我が会派の黒滝議員が「2期目の市長選挙出馬について」問う。林市長は来年行われる10月の市長選挙に正式に出馬する意向を表明する。
 そして、今議会で勇退する南雲教育長に、感謝を込めて6人の議員が質問した。南雲教育長が議場からいなくなると思うと一抹の寂しさを思う。
 土木屋(1級建築士)として現場から教育行政に。まさに土木で培った現場主義を教育行政の中でも貫く。教育行政のど真ん中にいつも生徒がいた。

 私は友人の母親の葬儀で1日目の午後から早退、2日目は1日休む。議員14年で本会議を休むのは初めてだ。(慣例で議長の時、副議長に議長を変わるときは除く)


●12月13日(金)議会最終日

 本日の日程2・第110号議案に南魚沼市教育長の任命についての案件がある。
  議場を閉じて、登壇して一人づづ賛成か反対かの票を投じる。
  全員の賛同を得て岡村新教育長が誕生する。
 発議第5号「天皇陛下ご即位を祝す賀詞に関する決議」
 発議第6号「免税軽油制度の継続を求める意見書の提出」
 発議第7号「被災者生活再建支援法の法改正を求める意見書提出」
 発議だ8号「ツキノワグマ対策の拡充に対する意見書の提出」
 全案件とも全員の賛成により採択される。

 12月議会が閉じられ、新旧の教育長が挨拶する。
 南雲教育長の言葉
    朝 希望をもって起きる。
    昼 一生懸命働く。
    夜 感謝をして眠る。

  この第一声で、議場はシーンと静まり、南雲議長の言葉に集中する。
  昭和54年に旧大和町役場に入り40年間を振り返る・・・。
  本当にご苦労さまでした。そしてありがとうございます。
  

# by 2nezou | 2019-12-11 13:03 | Comments(0)